アメリカン航空、アメリカ大陸横断路線「メインキャビン」で無料機内食提供 ベジタリアン向けも用意

アメリカン航空は、アメリカ大陸横断路線を運航する、エアバスA321トランスコンチネンタルのエコノミークラス「メインキャビン」で、無料の機内食を提供する。

ロサンゼルス・サンフランシスコ〜ニューヨーク線で5月1日から開始し、時間帯に応じて、コンチネンタルブレックファーストかサンドウィッチ、ポテトチップス、デザートが入ったボックスを提供する。ベジタリアン向けや、フルーツとチーズの盛り合わせも用意する。

エアバスA321トランスコンチネンタルファーストクラスとビジネスクラスにフルフラットシートを導入している、大陸横断路線向け機材。

グローバルマーケティング担当副社長のフェルナンド・フェルナンデス氏は、「アメリカン航空では、大陸横断路線をご利用になる上顧客の方々に最高の機内サービスを提供したいと考えています。我々は、競争の激しい航空業界でさまざまなサービスの向上を図っており、メインキャビンで無料のお食事を提供することも、その取り組みの一環です」とコメントしている。

詳細はこちら