マカオ航空、燃油サーチャージの徴収開始 4月発券分から片道1,000円

マカオ航空

マカオ航空は、4月1日発券分より日本発着航空券で燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の徴収を開始する。

5月31日発券分まで、日本〜マカオ間は片道あたり1,000円を徴収する。2歳未満の幼児を除く全ての航空券に適用され、航空券を払い戻す際には全額を払い戻す。航空燃料のシンガポールケロシンの2ヶ月間の平均価格が、1バレルあたり50ドルを下回った場合には、廃止する。

マカオ航空では、2016年4月から燃油サーチャージを廃止しており、1年間に渡って非徴収が続いていた。全日空(ANA)、日本航空(JAL)をはじめとする多くの航空会社では、燃油サーチャージの徴収を2月1日発券分より再開している。

詳細はこちら

インド Wifi 最安価格

日本-スペイン行き航空券

日本-スペイン行き航空券

54,680
Traicy Talk (新着投稿)
  • U乗り継ぎ地の空港税の二重払い
  • U務安国際空港について
  • Uベネチアまでの航空会社について
  • U海外旅行保険って何がオススメですか?
  • UN【台北以外】ネットカフェ宿泊について
  • U香港のディズニーランドについて
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールで効率良く観光できるスポットは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • 高雄のオススメ夜市はどこですか?
  • 一週間の自転車旅行に最適なリュック
  • 世界一周(質問ではありません)
  • 香港エクスプレスのセールについて