マカオ航空、燃油サーチャージの徴収開始 4月発券分から片道1,000円

マカオ航空

マカオ航空は、4月1日発券分より日本発着航空券で燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の徴収を開始する。

5月31日発券分まで、日本〜マカオ間は片道あたり1,000円を徴収する。2歳未満の幼児を除く全ての航空券に適用され、航空券を払い戻す際には全額を払い戻す。航空燃料のシンガポールケロシンの2ヶ月間の平均価格が、1バレルあたり50ドルを下回った場合には、廃止する。

マカオ航空では、2016年4月から燃油サーチャージを廃止しており、1年間に渡って非徴収が続いていた。全日空(ANA)、日本航空(JAL)をはじめとする多くの航空会社では、燃油サーチャージの徴収を2月1日発券分より再開している。

詳細はこちら

マレーシア(主要都市) Wifi 最安価格

日本-グアム行き航空券

日本-グアム行き航空券

20,424
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uビールの美味しい国
  • Uマイレージカードについて
  • U夏の旅行でおすすめの場所
  • U旅行に持っていけるパンを温める電化製品を教えて下さい
  • Uヴェトナム航空 、日本発着タイ行きでセール2.8万円から
  • U機内食がおいしい航空会社
Traicy Talk(未回答)
  • JGC修行2017
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
Traicy Talk(回答有)
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 学生向けクレジットカードについて
  • Airport Limousine成田東京線の存在意義?
  • 海外でのバイクレンタル
  • 成都空港のホテル
  • イレギュラーな価格の航空券ってどうすれば見つけられるのですか。