マカオ航空、燃油サーチャージの徴収開始 4月発券分から片道1,000円

マカオ航空

マカオ航空は、4月1日発券分より日本発着航空券で燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)の徴収を開始する。

5月31日発券分まで、日本〜マカオ間は片道あたり1,000円を徴収する。2歳未満の幼児を除く全ての航空券に適用され、航空券を払い戻す際には全額を払い戻す。航空燃料のシンガポールケロシンの2ヶ月間の平均価格が、1バレルあたり50ドルを下回った場合には、廃止する。

マカオ航空では、2016年4月から燃油サーチャージを廃止しており、1年間に渡って非徴収が続いていた。全日空(ANA)、日本航空(JAL)をはじめとする多くの航空会社では、燃油サーチャージの徴収を2月1日発券分より再開している。

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-インドネシア行き航空券

日本-インドネシア行き航空券

28,927
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN味噌汁の機内持ち込み
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 雑談
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 何より無くさないようにすることです
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • 外貨両替は、海外に行く前にしますか。それとも日本でしますか。
  • とにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • 海外で安全にスマホを持ち運びたい
  • JAL特典航空券の前倒し搭乗
  • 札幌のオススメグルメについて教えてください!
  • 海外発券はもう安くない?