シンガポール航空、ボーイング777-9型機とボーイング787-10型機を最大51機導入

ボーイング787-10

シンガポール航空は、ボーイング777-9型機とボーイング787-10型機を最大51機導入すると発表した。カタログ価格で138億米ドル(約1兆5,500億円)。

ボーイング777-9型機は確定発注20機とオプション6機、ボーイング787-10型機は確定発注19機とオプション6機。ボーイング777-9型機は2021年から2022年、ボーイング787-10型機は2020年から2021年にかけて納入される。ボーイング777-9X型機はゼネラル・エレクトリック社製GE9Xエンジン、ボーイング787-10型機はロールス・ロイス社製のトレント1000エンジンを選定した。ボーイング777-9型機は長距離線、ボーイング787-10型機は中距離線に投入する。

シンガポール航空は2016年10月現在、104機を保有しており、ボーイング777-200型機、ボーイング777-200ER型機、ボーイング777-300型機、ボーイング777-300ER型機のボーイング機を運航している。傘下のスクートは、全機をボーイング787-8型機とボーイング787-9型機で運航している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ハワイ

航空券比較

ベトナム行き

17,746