春秋航空、燃油サーチャージの徴収開始 日本発は1区間500円

春秋航空

春秋航空は2月1日発券分より、燃油サーチャージの徴収を開始する。

3月31日までの徴収額は、1人1区間あたり日本発は500円、中国発は280人民元(約4,700円)となる。4月1日以降発券分は燃油価格の動向によって変動する可能性がある。改定や廃止を行う場合には2月を目処に発表する。

春秋航空では、2月、4月、6月、8月、10月、12月に、直近2ヶ月のシンガポールケロシンの平均燃油価格を確認し、翌々月1日からの燃油サーチャージの徴収額を決定する。1バレルあたり6,000円以下となった場合、燃油サーチャージを撤廃する。

詳細はこちら

ハワイ Wifi 最安価格

日本-グアム行き航空券

日本-グアム行き航空券

29,277
Traicy Talk (新着投稿)
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
  • Uクルーズ船の予約方法
  • U務安国際空港について
  • 機内食を食べれないかたはどうしているか知っていますか?
  • 8月の香港一人旅、観光地やレストランのおすすめは?
  • 次の旅行先のオススメ教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • ANAマイレージクラブ
  • スターウォーズのロケ地めぐりをしたい
  • 参考までに
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
Traicy Talk(回答有)
  • 島根➡東京へ安く行く方法!
  • 今すぐ旅行に行きたくなるような小説を知りたい
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • Ctripで日本国内線が安い?
  • 香港のディズニーランドについて
  • 格安航空会社で最もコストパフォーマンスの良い会社を教えてくれませんか。