春秋航空、燃油サーチャージの徴収開始 日本発は1区間500円

春秋航空

春秋航空は2月1日発券分より、燃油サーチャージの徴収を開始する。

3月31日までの徴収額は、1人1区間あたり日本発は500円、中国発は280人民元(約4,700円)となる。4月1日以降発券分は燃油価格の動向によって変動する可能性がある。改定や廃止を行う場合には2月を目処に発表する。

春秋航空では、2月、4月、6月、8月、10月、12月に、直近2ヶ月のシンガポールケロシンの平均燃油価格を確認し、翌々月1日からの燃油サーチャージの徴収額を決定する。1バレルあたり6,000円以下となった場合、燃油サーチャージを撤廃する。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ベトナム

航空券比較

中国行き

18,920