春秋航空、燃油サーチャージの徴収開始 日本発は1区間500円

春秋航空

春秋航空は2月1日発券分より、燃油サーチャージの徴収を開始する。

3月31日までの徴収額は、1人1区間あたり日本発は500円、中国発は280人民元(約4,700円)となる。4月1日以降発券分は燃油価格の動向によって変動する可能性がある。改定や廃止を行う場合には2月を目処に発表する。

春秋航空では、2月、4月、6月、8月、10月、12月に、直近2ヶ月のシンガポールケロシンの平均燃油価格を確認し、翌々月1日からの燃油サーチャージの徴収額を決定する。1バレルあたり6,000円以下となった場合、燃油サーチャージを撤廃する。

詳細はこちら

イギリス Wifi 最安価格

日本-スペイン行き航空券

日本-スペイン行き航空券

58,922
Traicy Talk (新着投稿)
  • U次の旅行先のオススメ教えてください
  • U昔の海外旅行
  • Uマイルでチケットを取るのはどんな感覚ですか?
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • U深夜に香港に到着したその日にマカオに移動することはできますか?
  • UUAE旅行初心者です。中東ってどうでしたか?文化の違いに不安を感じるのですが。
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • JALマイレージバンク
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • ベネチアまでの航空会社について
  • 欧州鉄道乗り放題パスは本当に安いの?
  • 夜行便の調べ方について
  • 山口に安く行く方法