JAL、大阪/関西〜ホノルル線に新型「スカイスイート」導入 ビジネスクラスはヘリンボーン

SS2-1

日本航空(JAL)は1月9日より、大阪/関西〜ホノルル線に「JAL SKY SUITE(JALスカイスイート)」を搭載したボーイング777-200ER型機の投入を開始した。

2016年6月から東京/羽田〜バンコク線より導入を開始し、東京/羽田〜シンガポール・香港線にも拡大。12月15日から東京/羽田〜ホノルル線に投入を開始しており、ホノルル線へは2路線目。2月25日から名古屋/中部〜ホノルル線、4月中旬から東京/成田〜ホノルル線にも投入する計画。

ビジネスクラス42席、プレミアムエコノミークラス40席、エコノミークラス154席の計236席を配置し、全席にシート電源とUSBポートを設置している。機内エンターテインメントシステムは、最新の「MAGIC-Ⅵ」で、映画や音楽など300以上のプログラムを提供。機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入している。

JAL、SS2、C

ビジネスクラスは通路を背にするヘリンボーンシートで、フルフラットとなる「SKY SUITE Ⅲ(スカイスイートスリー)」。全席が通路側の「1-2-1」配列で、ベッド長は最大約198センチ。大型ダイニングテーブルや専用収納スペース、4段階調節が可能なLEDライトを設置したほか、内側に小物入れがある可動式アームレストを開発した。トイレはビジネスクラスのみ、TOTOの「ウォシュレット」を装備している。

JAL、SS2、PY

プレミアムエコノミークラスは従来のスカイスイート機材と同様の「JAL SKY PREMIUM」を配置。前の座席の背もたれが倒れないFIXED BACK構造で、レッグレストと3段階に高さの調節ができるフットレスト、プライバシーを確保できるセンターディバイダーを備えている。

JAL、SS2、Y

エコノミークラスは並び席の確保や通路へのアクセスが容易となる「3-4-2」配列を採用。シートピッチは一部座席を除いて約84センチから86センチ、アームレスト間のシート幅は約47センチ、モニターは10.6インチとなっている。現行より、シートピッチは最大約10センチ、座席幅は約2センチ拡大している。

現在はボーイング777-200ER型機5機が改修済みで、2016年度中に1機を改修。2017年度には5機の改修を行い、全11機が「JALスカイスイート」仕様となる。

中国 Wifi 最安価格

日本-オーストラリア行き航空券

日本-オーストラリア行き航空券

0
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uみなさん、ハワイではどのくらいのチップ払いますか。
  • Uハノイについて
  • U中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • U成都おすすめのスポット教えてください!
  • Uベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • 安く移動できる方法をおしえてください
Traicy Talk(未回答)
  • 台湾で髪を切ってもらおうと考えています。若者に人気のヘアサロン教えてください。
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • オススメの旅行ガイドブックについて
  • シンガポール行きの航空券
  • シンガポールで効率良く観光できるスポットは?
  • 日系航空会社はメリットがありますか?
  • 国内旅行の観光雑誌で本当にためになるのは?
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて