JAL、大阪/関西〜ホノルル線に新型「スカイスイート」導入 ビジネスクラスはヘリンボーン

SS2-1

日本航空(JAL)は1月9日より、大阪/関西〜ホノルル線に「JAL SKY SUITE(JALスカイスイート)」を搭載したボーイング777-200ER型機の投入を開始した。

2016年6月から東京/羽田〜バンコク線より導入を開始し、東京/羽田〜シンガポール・香港線にも拡大。12月15日から東京/羽田〜ホノルル線に投入を開始しており、ホノルル線へは2路線目。2月25日から名古屋/中部〜ホノルル線、4月中旬から東京/成田〜ホノルル線にも投入する計画。

ビジネスクラス42席、プレミアムエコノミークラス40席、エコノミークラス154席の計236席を配置し、全席にシート電源とUSBポートを設置している。機内エンターテインメントシステムは、最新の「MAGIC-Ⅵ」で、映画や音楽など300以上のプログラムを提供。機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入している。

JAL、SS2、C

ビジネスクラスは通路を背にするヘリンボーンシートで、フルフラットとなる「SKY SUITE Ⅲ(スカイスイートスリー)」。全席が通路側の「1-2-1」配列で、ベッド長は最大約198センチ。大型ダイニングテーブルや専用収納スペース、4段階調節が可能なLEDライトを設置したほか、内側に小物入れがある可動式アームレストを開発した。トイレはビジネスクラスのみ、TOTOの「ウォシュレット」を装備している。

JAL、SS2、PY

プレミアムエコノミークラスは従来のスカイスイート機材と同様の「JAL SKY PREMIUM」を配置。前の座席の背もたれが倒れないFIXED BACK構造で、レッグレストと3段階に高さの調節ができるフットレスト、プライバシーを確保できるセンターディバイダーを備えている。

JAL、SS2、Y

エコノミークラスは並び席の確保や通路へのアクセスが容易となる「3-4-2」配列を採用。シートピッチは一部座席を除いて約84センチから86センチ、アームレスト間のシート幅は約47センチ、モニターは10.6インチとなっている。現行より、シートピッチは最大約10センチ、座席幅は約2センチ拡大している。

現在はボーイング777-200ER型機5機が改修済みで、2016年度中に1機を改修。2017年度には5機の改修を行い、全11機が「JALスカイスイート」仕様となる。

マレーシア Wifi 最安価格

日本-台湾行き航空券

日本-台湾行き航空券

9,721
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAマイレージクラブ
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • JALマイレージバンク
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • 香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • プーケットに行きたい!
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • Uberを利用したことがある方。どうでしたか?