ヘリとドローンの衝突防止、初の実証実験 課題解決に前進

2

天草市とANA総合研究所、東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻鈴木・土屋研究室は、ドローンと有人機の共存に向けた実証実験を天草広域連合南消防署で、熊本県防災消防航空隊、天草広域連合消防本部の協力のもと実施した。

有人機とドローン、ドローン同士が安全な距離を保ち、共存できる環境を作ることは新たな課題としており、ヘリコプター(有人機)とドローンの運用情報共有について、実機を用いて検証するもの。実験では崖から転落した人を救助する際に、ドローンがヘリコプターが来るまでに早期に遭難者を捜索して場所を特定、ヘリコプターの救助の補助をすることを想定した。ヘリコプターは熊本空港から熊本県防災消防航空隊の「ひばり」が飛来。2回に渡る訓練が行われた。

1

3

ヘリコプターとドローンの間隔は2キロ以上あけることで安全を確保する必要があり、今回の実験では2機のドローンを使用。1機は一般ユーザー、もう1機は防災ドローンでプロが操縦しているという設定で、ヘリコプターとの間隔が9キロと5キロになった時点で手動で着陸させた。9キロと5キロという距離は、帰還させるまでの時間が一般ユーザーは120秒、プロは60秒で帰還させることができるという仮説に基づいたものだという。

7

6

5

150メートル以下の空域は、ホビーユーザーが増えることによって、有人機とドローンやドローン同士の衝突リスクが極めて高くなるという。特にヘリコプターから地上を見ると多くの色の中に小さいドローンがあるため見つけづらく、衝突してしまった場合には、墜落に至る可能性もある。航空機と同様に管制技術の必要性が増すほか、ルールも未だに多くが未整備であるものの、防災ヘリの現場への到着に時間がかかる場合には、安全にその場所にアクセスできるかなどをドローンが先に確認できることから期待も大きい。

4

熊本地震の際にはルールづくりができていなかった故に、ヘリコプターとドローンが飛行する時間を分けていたため、安全に運用できるルールが作られることでより捜索などの効率性が増すほか、コスト削減にも繋がる可能性がある。

8

今後は自動で着陸させる機能や、ドローンをどのような目的で誰が飛ばしているのかといった情報の表示、GPS情報をウェブ上で共有できる仕組み、一般ユーザーに対してヘリコプターが近づいた際に警告を出す仕組みの構築なども研究を重ねる。

■関連記事
ANA総研と天草市、東京大学がドローン活用で協定 あす有人機と日本初の実証実験

スペイン Wifi 最安価格

日本-マレーシア行き航空券

日本-マレーシア行き航空券

0
Traicy Talk (新着投稿)
  • ULCCで機内食を食べますか?
  • U女性の方で一人旅を経験された方に旅の心得を伝授してほしいです。
  • U香港エクスプレスのセールチケットを予約する方法。
  • UNハノイについて
  • 海外でのバイクレンタル
  • バンコクのホテル選び
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • 雑談
  • スターウォーズのロケ地めぐりをしたい
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 東京で静かなルートで観光がしたい
  • ANAマイレージクラブ
Traicy Talk(回答有)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 18きっぷのルート
  • 都内から行ける日帰り温泉地
  • 島根➡東京へ安く行く方法!
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります