セブパシフィック航空、2機目のATR72-600型機を受領

cebu pasific

セブパシフィック航空は、ATR72-600型機の2機目を受領した。2015年のパリ航空ショーにおいて16機の航空機を総額6億7,300万米ドルにて購入しており、今回受領した航空機はそのうちの2機目となる。

今回納入されたATR72-600型機は、セブパシフィック航空の完全子会社であるセブゴーが運航する路線に導入。最先端の航空電子機器を搭載するとともに高温・高高度環境における性能が強化されている。また、座席数の増加により1席当たりの単価を抑えられ、より安価な運賃の提供が可能になったという。

ATR72-600型機は、既にフィリピン国内線のセブ〜カルバヨグ・オルモック・ロハス線で使用されている。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

スペイン

航空券比較

中国行き

18,868