福岡空港、国内線ターミナル新商業施設「greenblue」を10月21日オープン ラーメンやスイーツも提供

福岡空港

福岡空港は、2019年春のリニューアル完了を目標に再整備を進めている、国内線ターミナルビル商業施設の呼称を「greenblue(グリーンブルー)」に決定し、10月21日にリニューアルオープンした。

「PORTからPARKへ」をスローガンに掲げ、飛行機利用時以外にも楽しめる新たな魅力を持った施設へと生まれ変わる。新名称「greenblue」には、福岡を象徴する空と海と風のブルーと、公園と植物と成長のグリーンが、境界をなくして一つになるという思いが込められた。

リニューアル第1弾として、10月21日に飲食店4店舗がオープンしており、地元の新鮮な魚介を堪能できる老舗寿司店や、九州各地の名物を取り揃える和食居酒屋、ニューヨークスタイルのステーキハウスが福岡空港に初登場した。12月には新しい福岡グルメを提案していくフードホール「THE FOODTIMES」、2017年秋にはラーメン店が集まる「ラーメン滑走路」、2018年冬にはスイーツの専門店街「SPECIALITY SHOPS」、2019年には公園「The DECK on greenblue」とレストラン「The HORIZON」をオープンする。

詳細はこちら

ベトナム Wifi 最安価格

日本-中国行き航空券

日本-中国行き航空券

2,048
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 海外でのレストラン検索について
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • 海外旅行に使える便利アプリについて
  • ANAのマイルを貯めたい!
Traicy Talk(回答有)
  • 旅行を記録するサービスでおすすめありますか?
  • テグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • ジェットスターセールの高松線について
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん