トランスアジア航空、仙台〜台北/桃園線の運航を開始 日本7空港に就航

トランスアジア航空

トランスアジア航空は、10月6日より、仙台〜台北/桃園線の運航を開始した。

トランスアジア航空は1951年に設立。2016年9月現在で、エアバスA320型機4機、A321型機4機、A330型機4機、ATR72型機10機の計22機を保有している。東北地方へは定期便として初就航となり、札幌/千歳、旭川、函館、東京/成田、大阪/関西、沖縄/那覇を含む日本国内7空港に就航する。機材はビジネスクラス12席、エコノミークラス138席の計150席を配置した、エアバスA320型機を使用する。

これにより、仙台〜台北/桃園線は週10便、毎日運航となった。

■ダイヤ
GE609 仙台(10:50)〜台北/桃園(14:10)/月・木
GE610 台北/桃園(06:00)〜仙台(10:00)/月・木

詳細はこちら

Wifi 最安価格

韓国

航空券比較

フィリピン行き

16,111