グアム国際空港、入国審査のセルフ端末を導入 入国審査を効率化

グアム国際空港

グアム国際空港は、10月5日より入国審査のセルフサービス機を導入した。

入国審査の列にならぶ前に、キオスク端末の画面に従ってパスポートのスキャン、写真撮影、指紋の登録を旅行者自身で行うことで審査時間を短縮し、入国にかかるプロセスを短縮するもの。ESTA取得し、有効期限中に過去一度でもグアム、ハワイを含むアメリカ本土を訪れたことがある方が対象となる。従来1人の審査にかかっていた時間で4人の審査が可能となるほか、セルフサービス利用者は従来と比較して89%早く入国審査を進むことが可能とのこと。

アメリカ本土の国際空港では導入が進んでいるものの、アメリカ領の空港ではグアム国際空港がいち早く導入を決定。7月に50万米ドルで8機を購入した。従来通り、ESTA専用レーンの運用も行っている。

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

37,153
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • U香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 雑談
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 夜行便の調べ方について
  • 東京から京都に最安で行く方法
  • 海外で食べて一番美味しかったものについて教えてください!
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • ベトナムの観光地の穴場はありますか?
  • アメリカ入国審査