セブパシフィック航空、ATR72-600型機を初受領 セブゴーが運航へ

セブパシフィック航空

セブパシフィック航空は9月22日、フランス・トゥールーズでATR72-600型機を初めて受領した。

子会社であるセブゴー(旧タイガーエア・フィリピン)が運航する路線に導入する計画で、現在運航しているATR72-500型機8機を、ATR72-600型機16機に置き換える。セブパシフィック航空は、2015年に16機と10機の購入権を総額6億7,300万米ドルで購入している。座席数が増加することで1席あたりの単価を抑えることができ、より安価な運賃を提供できるとしている。

ランス・ゴコンウェイ最高経営責任者(CEO)は、「ATR72-600型機はRNP AR方式による進入と垂直航行が可能なため、これまで離着陸が困難だった空港を利用できるようになり、地方都市の経済を活性化させるだけでなく、より効果的に航空交通を管理できるようになる」とコメントした。

ATR機は、アジアパシフィック地域の航空会社60社以上で約380機が採用されており、日本では天草エアラインが1機を運航している。

詳細はこちら

カナダ Wifi 最安価格

日本-イタリア行き航空券

日本-イタリア行き航空券

47,320
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について