津軽海峡フェリー、新造船「ブルードルフィン」を10月11日より投入 青森港と函館港で見学会開催

津軽海峡フェリー

津軽海峡フェリーは、10月11日より青森〜函館航路に新造船「ブルードルフィン」を投入する。投入に先立ち、青森港と函館港で一般見学会を開催する。

一般見学会は、10月8日に青森港、翌9日には函館港で開催。時間は午後0時から午後3時までで、午後2時30分に入場を締め切る。入場口は、青森港では津軽海峡フェリー青森ターミナルのりば1車両乗船口前、函館港では津軽海峡フェリー函館ターミナルのりば4車両乗船口前となる。入場は先着順となり、各日先着2,000名にオリジナルグッズをプレゼントする。

新造船の「ブルードルフィン」は、全長144メートル、定員は583名、総トン数は8,850トン。トラック71台か乗用車230台を積載できる。在来船の「ブルードルフィン」と比較して、総トン数は1,847トン大きくなるほか、積載台数も乗用車では30台多くなる。

初便となるのは、10月11日の函館を午後8時15分に出発する22便となる。

詳細はこちら

ベトナム Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

53,952
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について