仙台空港、海外乗り継ぎ客も免税店で液体物購入可能に 不正開封防止袋を導入

仙台空港

仙台空港は10月1日より、空港内の免税店で液体物の不正開封防止袋(STEBs)を導入する。

国際線では100ミリリットルを超える液体物を航空機内に持ち込むことが制限されており、これまで空港内の免税店で購入した100ミリリットルを超える液体物は乗り継ぎ地の空港の保安検査場を通過できなかった。STEBsの導入により、仙台空港を出発して海外の空港で国際線を乗り継ぐ場合でも、免税店で購入した100ミリリットルを超える酒や化粧品などの機内持ち込みが可能となる。手荷物検査場を通過する前に購入した液体物については、従来通り制限の対象となるため、受託手荷物として預ける必要がある。

国内の空港においては、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港が2015年にSTEBsを導入している。

詳細はこちら

ハワイ Wifi 最安価格

日本-ベトナム行き航空券

日本-ベトナム行き航空券

14,046
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN経由地からの航空券を捨てることってできるんですか?
  • U海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • U 飛行機の中のトイレ
  • Uアメニティ集めが趣味です。
  • U機内食がおいしい航空会社
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
Traicy Talk(未回答)
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 海外旅行に使える便利アプリについて
  • 旅先での嫌な経験をした場合はどうしていますか。
  • ドーハのトランジットツアーについて
  • バーニングマンに参加したいのですが、どうやって行けばいいか存じていませんか。
Traicy Talk(回答有)
  • ジョイフルトレインに乗りたい
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • ホテル予約はどこが最安?
  • 海外旅行中にあったトラブルについて
  • 死海について