ルフトハンザグループと中国国際航空、共同事業で合意 来夏スケジュールから

LHCA

ルフトハンザグループと中国国際航空は、共同事業を行うことで合意した。中国・北京で調印式を開き、発表した。

ルフトハンザグループにとって、全日空(ANA)、シンガポール航空に次ぐ、アジアで3つ目のジョイントベンチャーとなる。2017年夏スケジュールでの開始を予定している。

ルフトハンザグループのルフトハンザ・ドイツ航空、オーストリア航空、スイス・インターナショナル・エアラインズの3社と中国国際航空は、コードシェアによる接続の強化、フライト時刻の調整と最適化、共通運賃の販売を行う。

ルフトハンザグループのカーステン・シュポア取締役会長兼最高経営責任者(CEO)は、「中国の航空市場は、世界的に最も重要な成長市場の一つです。私たちは、スターアライアンスパートナーである中国国際航空とともに、成長による利益を享受したい」と述べた。

詳細はこちら

中国 Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

49,727
Traicy Talk (新着投稿)
  • U香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
Traicy Talk(未回答)
  • 雑談
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ヨーロッパでお得に使えるクレジットカードは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
  • 日帰りで韓国旅行することになりました。効率の良いプラン教えてください。
  • LCCの長距離便は大変ですか?