チャイナエアラインとマンダリン航空、台湾以遠で燃油サーチャージ徴収 11月から

チャイナエアライン

チャイナエアラインとマンダリン航空は、11月1日以降の日本発券分より、台湾発着アジア線で燃油サーチャージと航空保険特別料金の徴収を開始する。日本と台湾・ホノルルを結ぶ路線では徴収しない。

燃油サーチャージは、台湾と香港を結ぶ路線は片道300円、中国・アジア近距離・アジア長距離を結ぶ路線では同1,000円、インド亜大陸・北米・ヨーロッパ・オセアニアを結ぶ路線では同3,000円を徴収する。航空保険特別料金は1区間あたり300円を徴収する。香港発着路線とマンダリン航空運航路線では徴収しない。

12月以降発券分の燃油サーチャージと航空保険特別料金は、10月中旬から下旬頃に発表を予定している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

スペイン

航空券比較

オーストラリア行き

45,914
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN海外でのスマホ使用はWiFi派?sim派?
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • Uとにかく安く台湾へ行きたい。スカイスキャナ以外の方法がありますか?
  • U海外発券はもう安くない?
  • U学生向けクレジットカードについて
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • ANAマイレージクラブ
  • 雑談
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ESTA申請のタイミングについて
  • ANA SFC修行2017
  • 英語初心者用の英会話本やアプリ
  • 北欧だったらノルウェーとスウェーデンどちらが見える確率が高いですか。
  • 中国のVPN接続