MRJ、北米へのフェリーフライトは2日連続で引き返し

MRJ2

三菱航空機と三菱重工業は、8月28日、北米へのフェリーフライトを行ったものの、空調システムの監視機能に故障を検知したため、県営名古屋空港に引き返した。

当初は8月27日にフェリーフライトを行う予定だったものの、同様の故障を検知したために引き返した。フェリーフライトは、新千歳空港で給油した後、ロシアやアラスカを経て、ワシントン州のモーゼスレイクへ向かう計画だった。モーゼスレイクはMRJの開発拠点で、グラント・カウンティ国際空港には格納庫が建設されている。

三菱航空機では、「飛行の再開は、点検結果を見て判断する」としている。

(画像:三菱航空機)

Wifi 最安価格

タイ

航空券比較

アメリカ行き

22,793