いすゞ「ガーラ」「スーパークルーザー」2,891台でハンドル操作が不能になる恐れ 無料点検開始

gala

国土交通省は、いすゞ自動車製の大型観光バスで、ショックアブソーバーが腐食することでハンドル操作が不能になる恐れがあるとして、系列の販売店で無料点検を受けるよう、バス事業者や地方運輸局などに通達した。

1992年7月から2005年8月までに製造した大型観光バス「ガーラ」「スーパークルーザー」の2,891台が対象で、融雪剤を多く使用する地域で走行することで、ショックアブソーバーの取付部が腐食し折損する場合がある。右側にあるフロントショックアブソーバーが折損した場合、ハンドル操作機構のピニオンシャフトに干渉し、ハンドル操作が不能になる恐れがある。

既に、ハンドル操作不能が原因の物損事故が、高速道路上で2件、一般道上で1件発生している。

詳細はこちら

スペイン Wifi 最安価格

日本-インドネシア行き航空券

日本-インドネシア行き航空券

21,698
Traicy Talk (新着投稿)
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
Traicy Talk(未回答)
  • JGC修行2017
  • 雑談
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • ANA SFC修行2017
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • カジノに行ったことがある方へ
  • 釜山の電気街
  • 都内から行ける日帰り温泉地
  • 中国の生活水