バニラエア、キャンセル時の諸税払い戻しに事務手数料 全路線で実質払い戻しなし

バニラエア(メイン)

バニラエアは、9月16日以降予約かつ10月30日以降搭乗分より、利用者の都合で搭乗を行わなかった場合、旅客・保安サービス施設使用料等の払い戻しの際に事務手数料を徴収する。

手数料は1区間あたり4,000円となる。事務手数料が旅客・保安サービス施設使用料の払い戻し額を超える場合には払い戻しはなく、事務手数料が払い戻し額を上回る場合には差額は徴収しない。

旅客・保安サービス施設使用料等の徴収額は、東京/成田発着では、台北/桃園・ホーチミン・香港・高雄着は1,540円、台北/桃園・高雄発は1,660円、ホーチミン発は2,290円、香港発は3,510円。大阪/関西発着では、台北/桃園着は3,040円、台北/桃園発は1,540円。沖縄/那覇発着では、台北/桃園発のみ1,660円を徴収している。事務手数料の4,000円を超えることはないため、全路線で実質的に払い戻し額はゼロになる。

搭乗前の「コミコミバニラ」運賃のキャンセルと、香港ドル払いの香港発路線では事務手数料は徴収しない。

詳細はこちら

バリ島 Wifi 最安価格

日本-フィリピン行き航空券

日本-フィリピン行き航空券

16,260
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uベネチアまでの航空会社について
  • U海外旅行保険って何がオススメですか?
  • U乗り継ぎ地の空港税の二重払い
  • UN【台北以外】ネットカフェ宿泊について
  • U香港のディズニーランドについて
  • U三か月以内にグアムに旅行した方に質問
Traicy Talk(未回答)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 雑談
  • 大分のオススメ観光スポット、グルメ
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 旅行のきっかけについて
Traicy Talk(回答有)
  • Traicy編集部が年度末の打ち上げで行くお店を募集します。
  • JALマイルが貯められて、Suicaにオートチャージできるクレジットカード
  • 英語初心者用の英会話本やアプリ
  • 台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • エコノミークラスでもお得なサービスのある航空会社
  • 山口に安く行く方法