シンガポール・チャンギ国際空港隣接のクラウンプラザに新館 客室数は75%増加

CPchangi1

インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は、シンガポールのチャンギ国際空港に隣接する「クラウンプラザ ホテル チャンギ エアポート」の新館をオープンした。

新館は10階建てで全243室、本館の320室と合わせると全563室となり、客室数は約75%増加した。28平方メートルのビジネスキングと、38平方メートルのビジネスツインの2タイプの客室を設けた。客室内にはビルトインUSBポート、一部の国への国際通話が無料のコードレス電話、客室からリモート接続で印刷が可能の無線プリンティング、Airplayなどに対応した40インチ液晶テレビ、Bluetooth対応スピーカーなどを備える

シンガポールの商業建築で初となる、工場で内外装を仕上げた客室ユニットを現場で組み立てるPPVC工法を採用した。チャンギ国際空港はターミナル4や大型複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」のオープンを控えており、宿泊ニーズに応えるものとなる。

CPchangi2

詳細はこちら

Wifi 最安価格

スペイン

航空券比較

イタリア行き

56,339