JR東日本、日本の駅弁を台北駅で初めて販売 人気駅弁3種類が台湾へ

e7

JR東日本は、日本の人気駅弁を台湾鉄路管理局台北駅で初めて販売する。

これまで台湾のイベントなどでは日本の駅弁を販売していたが、台北駅構内での販売は今回が初めて。8月12日から31日までの各日午前10時から午後9時まで、台北駅1階の「臺鐵夢工場」前で販売する。登場するのは、新幹線E7系を模した弁当箱の「E7系新幹線弁当」、ちらし寿司などの日本ならではの料理を詰め込んだ「日本のおもてなし弁当」、東京駅の名物駅弁「深川めし」の3種類。価格は各250台湾ドル。このほか、8月23日には東北感謝祭として「あったか牛たん弁当」を限定販売する。

販売開始に際して、8月12日午前9時30分より「臺鐵夢工場」前でセレモニーを開催する。オープニング記念として、駅弁を購入した先着200名に日本の鉄道フィギュアをプレゼントする。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ハワイ

航空券比較

香港行き

7,888