東京メトロ、新型の行先案内表示器を導入 4ヶ国語に対応

tokyometro

東京メトロは、新型の行先案内表示器を8月5日から順次導入する。日比谷線霞ヶ関駅から導入を開始し、2019年度までに全駅に設置する。

現在のLEDから液晶ディスプレイに変更することで視認性を向上させる。行先や発車時刻だけではなく、列車の現在位置、停車駅、運行情報など多くの情報が表示できるようになった。また、現在の日本語と英語のほか、中国語(簡体字)と韓国語の表示にも対応する。ダイヤ乱れなどの情報は最下段に情報を表示する。システムは日本信号の薄型情報表示システム「HALF LCD eco」を導入する。薄さは65ミリ、重さは16キロと軽量であるため、安全性も高いという。

2016年度中に日比谷線、千代田線、半蔵門線の各駅で順次導入を進める。2019年度までに全線で設置を完了する計画。

インドネシア Wifi 最安価格

日本-イギリス行き航空券

日本-イギリス行き航空券

69,993
Traicy Talk (新着投稿)
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • Uテグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。
  • Uネットで買えないやすい航空券がある??
  • U香港のおすすめ中華料理
  • UN味噌汁の機内持ち込み
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • ANAマイルを貯めるのに良いカード
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
Traicy Talk(回答有)
  • MRJの離着陸を見たいのですが…
  • 上海浦東 深夜の移動
  • 夜行便の調べ方について
  • 成田のDLラウンジについて
  • ANAマイルの貯め方
  • 成都おすすめのスポット教えてください!