東京メトロ、新型の行先案内表示器を導入 4ヶ国語に対応

tokyometro

東京メトロは、新型の行先案内表示器を8月5日から順次導入する。日比谷線霞ヶ関駅から導入を開始し、2019年度までに全駅に設置する。

現在のLEDから液晶ディスプレイに変更することで視認性を向上させる。行先や発車時刻だけではなく、列車の現在位置、停車駅、運行情報など多くの情報が表示できるようになった。また、現在の日本語と英語のほか、中国語(簡体字)と韓国語の表示にも対応する。ダイヤ乱れなどの情報は最下段に情報を表示する。システムは日本信号の薄型情報表示システム「HALF LCD eco」を導入する。薄さは65ミリ、重さは16キロと軽量であるため、安全性も高いという。

2016年度中に日比谷線、千代田線、半蔵門線の各駅で順次導入を進める。2019年度までに全線で設置を完了する計画。

イタリア Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

27,278
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • N成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国