天草エアラインの初代みぞか号、売却先のデンマークへ

amakusaDHC

天草エアラインで今年2月19日まで運航していたDHC-8-103型機が、7月22日午後4時33分に鹿児島空港から売却先のデンマークに向けて飛び立った。

台湾、フィリピン、ベトナム、タイ、インド、オマーン、サウジアラビア、エジプト、ギリシャ、ハンガリーを経由して、あす7月28日にデンマークのビルンに到着する計画だったものの、到着は遅れる見通しだという。売却先はデンマークのリース会社で、天草エアラインはリース先等が決まり次第発表する。

DHC-8-103型機は2000年より運航を開始。2013年2月25日より現在の大きなイルカと両エンジンに小さなイルカが描かれた塗装になり、「みぞか号」という愛称で親しまれた。同機の引退後は、日本初導入となる新型機のATR42-600型機がほぼ同様のデザインで運航。機体下には大きなサンタクロース姿のくまモン「モンタクロース」が描かれている。

(画像:天草エアラインFacebookページより)

■関連記事
天草エアライン、現行機ラストフライト あすから日本初のATR機就航

香港 Wifi 最安価格

日本-グアム行き航空券

日本-グアム行き航空券

27,126
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • 海外でのレストラン検索について
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • 海外旅行に使える便利アプリについて
  • ANAのマイルを貯めたい!
Traicy Talk(回答有)
  • 旅行を記録するサービスでおすすめありますか?
  • テグかソウルかプサンか、どこが一番楽しいスポットでしょうか。
  • 3月にハワイへ行きたいです。
  • ジェットスターセールの高松線について
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん