JR東日本と地元農家が連携して栽培したトマトが初出荷 エキナカなどでも使用

tomato

JR東日本や地元農家が連携して2014年9月に設立した、JRとまとランドいわきファームは、7月15日より「フラガール」など11種類のトマトの出荷を開始する。

いわき中央卸売市場へ出荷するほか、JR東日本グループの「ベッカーズ」でハンバーガーの食材や、エキナカ店舗で販売するサンドイッチ、ホテルメトロポリタン内のレストランで使用、隣接する「ワンダーファーム」でケチャップやジャムなどの加工商品化や販売、レストランでのメニューとして活用を目指す。今後、「ワンダーファーム」での生絞りジュース体験などの体験企画や、飲食メニューの提供も計画する。また、中玉とミニトマトの袋詰め放題なども実施する。年間約600トンの収穫を見込む。

7月21日と22日には、「のもの」秋葉原駅で販売イベントを開催。ミニトマト1パック298円で販売するほか、午後4時から7時まで試食も行う。

タイ Wifi 最安価格

日本-インド行き航空券

日本-インド行き航空券

29,184
Traicy Talk (新着投稿)
  • U成田の北ウェイティングエリアはどうなる?
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
Traicy Talk(未回答)
  • JGC修行2017
  • 雑談
  • クラクフ、プラハでオススメの食べ物を教えて下さい
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
Traicy Talk(回答有)
  • ANA SFC修行2017
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • カジノに行ったことがある方へ
  • 釜山の電気街
  • 都内から行ける日帰り温泉地
  • 中国の生活水