ピーチ、操縦室内の紙マニュアル類をiPadで電子化 日本のLCCでは初めて

mmefb

ピーチは6月29日より、操縦室内で使用する紙のマニュアルを電子化し、iPadを使用端末とした「エアバスエレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)」を利用した運航を、日本の格安航空会社(LCC)で初めて開始した。

EFBは、操縦士向けのマニュアルをデジタル化したアプリと電子端末の総称。ピーチでは、エアバスが提供する航空機性能計算機能アプリ「FlySmart with Airbus」およびJappesenが提供する電子航空図機能アプリ「Jeppesen Flite Deck Pro」を搭載したiPadを導入した。紙のマニュアル類を電子化することで、マニュアルの変更を迅速に周知でき、さらなる安全運航を実現できる。また、機体重量が軽減し、燃費の向上やCO2排出量削減が見込まれるほか、離着陸時の機体性能をコンピューター計算することにより、運航効率を最適化する。

地上においては、ウェザーニーズが提供する「FOSTER NEXTGEN」による最新の航空気象情報を運航乗員にリアルタイムに配信し、安全運航に活用する。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

マレーシア(ボル

航空券比較

韓国行き

8,562