トランスアジア航空、燃油サーチャージの徴収再開 8月発券分から

トランスアジア航空

トランスアジア航空は、8月1日発券分より燃油サーチャージの徴収を再開すると発表した。

徴収額は片道あたり、東京/成田・大阪/関西・札幌/千歳・函館・旭川〜台北/桃園線は500円、沖縄/那覇〜台北/桃園線は300円、韓国・中国・マカオ〜台北/桃園線は2,000円となる。航空保険特別料金として300円が別途必要。

トランスアジア航空では、燃油サーチャージ額を2ヶ月毎に見直しており、シンガポールケロシンの価格が50ドル以上60ドル以下となったため徴収を再開した。

詳細はこちら

インド Wifi 最安価格

日本-イタリア行き航空券

日本-イタリア行き航空券

47,544
Traicy Talk (新着投稿)
  • U日系航空会社はメリットがありますか?
  • U機内食がおいしい航空会社
  • UNマイレージカードについて
  • Uマイレージカードについて
  • U香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • U韓国のトースト
Traicy Talk(未回答)
  • オンラインチェックイン時の荷物タグについて
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • 雑談
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • JALマイレージバンク
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
Traicy Talk(回答有)
  • 務安国際空港について
  • ソウル発券の代替地
  • カシュガル行き航空券の相場は?
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 香港~マカオの行き方