軽井沢マリオットホテル、7月29日に開業 長野県へ初の外資系ブランド進出

karuizawa

森トラスト・ホテルズ&リゾーツとマリオット・インターナショナルは、「軽井沢マリオットホテル」を7月29日に開業すると発表した。予約受付はあす6月17日より開始する。日本国内のマリオットホテルは5軒目、長野県では初の外資系ブランドのホテルの進出となる。

敷地面積は約12,000平方メートルで、ホテル棟とコテージ棟内に全86室、天然温泉、レストラン、スパ、会議施設などを備えている。今後56室の新築棟の増設を計画しており、2017年の完成後には全142室となる。

開業を記念した宿泊プラン「Brilliant Holiday(ブリリアント ホリデー)」の販売も同日より開始する。7月29日から12月28日まで宿泊分が、2名1室の場合、1人あたり16,500円からとなる。ホテル内のレストランなどで利用できる1名あたり3,000円分のクレジットと朝食も含まれている。部屋タイプはモデレートタイプ、スーペリアタイプとなる。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

マレーシア(ボル

航空券比較

スペイン行き

54,965