JR東日本、山手線新型車両E235系の量産計画を発表 全49編成投入へ

IMG_5887

JR東日本は、山手線に導入しているE235系車両について、量産車の新造計画を発表した。

現在、E235系は量産先行車11両1編成が山手線で営業運転を行っている。量産車は2017年春ごろから順次投入を開始し、2020年春ごろには全49編成539両の投入を完了する。E235系の投入にともない、現在山手線で使用しているE231系500番台については、中央・総武緩行線への転用改造を行う。

E235系は、山手線の投入を目的にE233系の次世代車両として開発された。山手線では13年ぶりの新型車両として2015年11月30日に営業運転を開始したものの、車両トラブルなどにより同日中に運行を取り止め、約3か月の改修期間を経て3月7日より営業運転を再開した。

■関連記事
JR東日本、山手線に新型車両E235系を投入へ! 来年秋から

詳細はこちら

オーストラリア Wifi 最安価格

日本-フランス行き航空券

日本-フランス行き航空券

50,087
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN 東京で静かなルートで観光がしたい
  • UCtripで日本国内線が安い?
  • UNJAL特典航空券の前倒し搭乗
  • Uフルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • JGC修行2017
  • ANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • プーケットのお土産
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
Traicy Talk(回答有)
  • 死海について
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 海外でのライブチケットの取り方。