JAL、新型スカイスイート搭載機を6月18日から東京/羽田〜バンコク線に投入へ

SS2-1

日本航空(JAL)は、ボーイング777−200ER型機全11機に順次導入する「SKY SUITE 777」の新型ビジネスクラス「SKY SUITE Ⅲ(スカイスイートスリー)」の投入開始を、当初の計画から前倒し、6月18日より東京/羽田〜バンコク線に投入する。

投入するのは、東京/羽田を午前11時20分に出発し、バンコクに午後3時40分に到着するJL31便と、バンコクを午後9時55分に出発し、東京/羽田に午前6時5分に到着するJL34便。

「SKY SUITE Ⅲ」は日本の航空会社として初となる通路を背にするヘリンボーンシートを導入。Zodiac Seats UKが製造する。全席が通路に面した「1-2-1」配列で42席を配置し、従来のヘリンボーンシートでは足元が狭くなる中央席も、フルフラット時に水平となる高さを上下させることにより互い違いとなるため、足元のスペースを確保できるようになった。シート幅は約52センチ、ベッド幅は最大約74センチ、ベッド長は最大約198センチで、ボーイング777-300ER型機に導入している「JAL SKY SUITE」と比べて、ベッド幅は約9センチ、ベッド長は約10センチ広くなる。モニターは現在より最大で6.6インチ大きい17インチとなり、最新のエンターテインメントシステム「MAGIC-Ⅵ」となり、映画や音楽など300以上のプログラムを提供する。機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入する。室内照明はLED、ビジネスクラスにはTOTOの「ウォシュレット」、全席にシート電源とUSBポートを装備する。ビジネスクラス42席、プレミアムエコノミークラス40席、エコノミークラス154席の計236席を配置する。

2016年度に7機、2017年度に4機の改修を予定。東京/羽田〜バンコク線より投入を開始し、その後は東京/羽田〜シンガポール線、ホノルル線にも2016年度中に投入する。

「SKY SUITE」シリーズは、ボーイング777−300ER型機の「JAL SKY SUITE」と、ボーイング767型機の「JAL SKY SUITE Ⅱ」を合わせて計31機に導入しており、「SKY SUITE Ⅲ」の導入で、近距離アジア線などを除くほとんどの路線で「SKY SUITE」を利用できるようになる。

■ダイヤ
JL31 東京/羽田(11:20)〜バンコク(15:40)
JL34 バンコク(21:55)〜東京/羽田(06:05+1)

■関連記事
JAL、ボーイング777-200ER型機全機をスカイスイートに ビジネスクラスはヘリンボーン、エコノミークラスは「3-4-2」配列
JAL、7月導入の新ビジネスクラスを展示 ヘリンボーンでも足元広く
JAL、新型スカイスイート機を7月16日から東京/羽田〜バンコク線に投入へ

詳細はこちら

韓国 Wifi 最安価格

日本-タイ行き航空券

日本-タイ行き航空券

18,854
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN 東京で静かなルートで観光がしたい
  • UCtripで日本国内線が安い?
  • UNJAL特典航空券の前倒し搭乗
  • Uフルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • JGC修行2017
  • ANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • プーケットのお土産
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
Traicy Talk(回答有)
  • 死海について
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 海外でのライブチケットの取り方。