バニラエア・五島勝也社長講演、今後の販売戦略語る【WIT JAPAN2016】

katsuyagoto

バニラエアの五島勝也社長は、観光業界の国際カンファレンス「WIT JAPAN & NORTH ASIA 2016」で講演し、格安航空会社(LCC)8社が設立した「バリューアライアンス」や販売戦略について語った。

2015年度と2014年度を比較すると、キャパシティは41%増加した一方で、乗客は61%増加。定時運航率が85%であることや、安定した運航実績が利用者増加に寄与したという。その上で自身を「クロスボーダーのEコマース」と、航空会社だけではなくEコマースの会社であるとし、国際線の乗客の70%が外国人で、ウェブサイト訪問者の40%が海外からであることから、ローカライゼーションが鍵になると話した。現在は予約の90%がBtoC、10%がBtoB。すでにBtoCのアクセスのうち3分の2、予約の3分の1がモバイル経由だという。一方で、エクスペディアやDeNAトラベルなどのオンライン旅行会社(OTA)やスカイスキャナーやTravel.jpなどメタサーチからの訪問者は15%となっており重要なパートナーとした。将来的な売上比率は「バリューアライアンス」からより、OTAからのほうが多くなると予測している。

その後講演した、香港エクスプレス航空のアンドリュー・コーウェン最高経営責任者(CEO)は、香港エクスプレス航空のBtoCの割合は95%、アクセス数に占めるモバイルの割合は同じくらいと述べている。また、航空会社はブランドの信頼性が高くなる傾向にあり、そこで販売するブランドの信頼性も高くなる可能性があるとした。

「バリューアライアンス」はディストリビューションにフォーカスし、従来の航空アライアンスとは違い、アライアンスの下で利用者は8社が接続するフライトは全て予約できるようにするという。これによりカバーエリアは170拠点にのぼる。

■関連記事
バニラエアやスクートらLCC8社、世界最大のLCCアライアンス「バリューアライアンス」設立

タイ Wifi 最安価格

日本-中国行き航空券

日本-中国行き航空券

15,678
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について