JAL、マイクロソフトのAR端末で訓練ツール開発 実用化目指す

holo

日本航空(JAL)は、マイクロソフトコーポレーションが開発したホログラフィックコンピューター「Microsoft HoloLens」を、アジア、エアラインとして初めて2015年8月より導入しており、運航乗務員と整備士の訓練への活用が期待できるコンセプトモデルを開発した。「Microsoft HoloLens」はWindows10を搭載し、外部機器と接続することなくワイヤレスで使用することができる。

開発したアプリケーションは、ボーイング737-800型機の運航乗務員訓練生用トレーニングツールと、ボーイング787型用エンジンの整備士訓練用ツールの2つ。現段階では初期的な開発に留まっており、今後実用化を目指す。

運航乗務員訓練生用 トレーニングツールは、「HoloLens」を装着することで、リアルなコックピット空間を体感することができ、運航乗務員訓練生の副操縦士昇格訓練での補助的なトレーニングツールとして活用できるようになる。整備士訓練用ツールは、整備士の養成訓練でエンジンの構造や部品名称、システム構造などが、よりリアルに体感できるとともに、学習することができるようになる。

詳細はこちら

イタリア Wifi 最安価格

日本-香港行き航空券

日本-香港行き航空券

5,132
Traicy Talk (新着投稿)
  • U国際線韓国乗り継ぎ時間1時間は短いのか?
  • UN香港のおすすめ中華料理
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • U海外旅行中にあったトラブルについて
  • U米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • U昔の海外旅行
Traicy Talk(未回答)
  • 参考までに
  • 春秋航空日本の3周年キャンペーンくじ
  • ANAマイレージクラブ
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • オープンジョー
  • 香港~マカオの行き方
  • ホテルをお得に泊まるには?
  • JGC修行2017
  • Tripair(トリペア)で航空券購入