「エアアジア、認知度は20%に満たない」 エアアジア・ジャパン、井手隆司会長講演【全文書き起こし(2)】

DJ3

実はですね、エアアジアは7年連続、ローコストの航空会社の中でベストエアラインをずっと取り続けています。意外とこれは知られていません。どういったところが評価になっているか、ひとつはやっぱりサービス、先ほど申し上げたコンテンツの部分ですね。バリエーションが非常に多い。一度乗っていただけるとわかりますけれども、いろんな機内食を販売している。スナックも販売している。ドリンクもそうですね。エンターテイメントも非常に豊富に用意している。こういったものを旅行の楽しみとして、使わない方、自分でお持ちになっている方は全く使用しません。しかしながら、こういったサービスとともに、エアアジアは真っ赤っ赤の航空会社です。機内もそうですけれども、客室乗務員も真っ赤っ赤です。毎日これはカーニバルが行われているような状態です。こういう楽しい雰囲気で、ラテン系のノリですね、東南アジアの明るいラテン系のノリがたぶん評価の対象になっていると思います。ただし日本以外です。日本は残念ながら、私も長年航空事業をやっていますが、非常に保守的です。非常に保守的で、やはり日本航空、全日空ありき。この間に入っていくのは大変です。ましてや、失敗する。こういった経験を何度もしておりますのでよくわかります。その中において日本にどう浸透させていくべきであろうか、悩みます。

DJ4

さて、エアアジアグループはどんな会社か。実はマレーシアのクアラルンプールに本拠地が、エアアジアグループがございます。各国にフランチャイズの航空会社を作っています。現在はタイ、インドネシア、フィリピン、それからインド、そして今度日本が立ち上がった。機種によってまた攻め方も変えています。なぜか。実は先ほど申し上げましたように、単一機材で成功したLCC、共通なのは、我々は単通路と呼びますが、通路が1つしかない航空機材、これはだいたい小型機材になりますけれども、この航空機材を使って多頻度に飛ばしていく、まあそれが成功と。そのために中長距離用に大型機材を使用した航空会社、LCCはあまりございません。成功した試しもありません。その中において、エアアジアは明確に単通路の航空機を使う航空会社と長距離用のこれはマルチの複通路(機)ですね、使う航空会社に分けて、戦略を練っていっています。現在ある航空会社は全部で8つになる。これで日本の航空会社、エアアジア・ジャパンができることによって、9つ目の航空会社が誕生することになる。

DJ5

さて、この図を見ていただいて分かるように、大変多くのネットワークです。マレーシアを中心として、アジア、大きなネットワークを持っていますが、特出するのはこの中国。中国を見ていただければわかります。これだけの路線網を持っております。現在はですね100都市以上、23カ国以上、約200を超える路線網で、中国においてはなんと45路線を毎日飛ばしております。皆様お分かりのように、今中国は大変な旅行ブームと呼ばれていますが、これも日本の観光、海外旅行の推移を見てもわかりますように、順当にどの国もそうなんですが、海外旅行ブームが来ると同じような形態をとっています。今はとにかく1度行きたいという人と、もう既にリピーターとなっている人が混在しつつあります。おそらく、チャイナリスクと言われていますが、観光事業においてはそんなに衰退することはない。ここ数年を見ても、充分に取り込めるだけの観光需要はあるのではないか、そのように思います。

1 2 3

Wifi 最安価格

フランス

航空券比較

フィリピン行き

16,229