国土交通省、羽田空港国際線発着枠の配分を発表 ANA4枠、JAL2枠

国土交通省

国土交通省は、2月に日米間で合意した、羽田空港国際線発着枠の国内航空会社への配分について発表した。

現在割り当てられている、全日空(ANA)と日本航空(JAL)それぞれ2枠は昼間時間帯に移行した上で、新たに昼間と深夜早朝のそれぞれ1枠をANAに配分する。これにより、ANAは昼間3枠と深夜早朝1枠、JALは昼間2枠を運航することとなる。

国土交通省では、アメリカ路線にかかる羽田空港の国際線発着枠について、2013年10月に行った羽田空港国際線発着枠の配分の考え方に則り、割り当てを決めた。

現在、羽田空港を発着するアメリカ線は、ANAはロサンゼルス線とホノルル線、JALはサンフランシスコ線とホノルル線に就航している。

■関連記事
ANA、羽田空港アメリカ線発着枠の配分に歓迎のコメント 「羽田と成田を最大限に有効活用」
JAL、羽田空港アメリカ線発着枠の配分にコメント 「仕方がないが残念」

詳細はこちら

香港 Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

52,827
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • 成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国