エアバスとシンガポール航空、シンガポールに飛行訓練施設開設 8基のフルフライト・シミュレーター備える

airbus1

エアバスとシンガポール航空が共同で出資するシンガポールの飛行訓練施設、「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」が、現地時間4月18日、シンガポールで正式稼働を開始した。

エアバスが55%、シンガポール航空が45%を出資しており、広さは9,250平方メートル。フランスのトゥールーズ、マイアミ、北京に置かれている訓練施設に続き、世界で4番目のエアバス飛行訓練センターとなる。A350XWBが3基、A380が1基、A330とA320がそれぞれ2基の計8基のフルフライト・シミュレーターのほか、6基のコックピット訓練機器や大規模な教室設備を備えており、年間1万人以上の訓練生に訓練コースを提供できるようになる。

AATCは、セレター・エアロスペース・パークに建設された新訓練センターの開業前となる2015年4月から、チャンギ空港近くにあるシンガポール航空の訓練センターで一時的に訓練コースを提供していた。今後は段階的にすべての訓練コースが新センターに移行される。訓練センターの教官はエアバスとシンガポール航空から迎えるほか、さらに新たな雇用も行う計画。

アジア太平洋地域では、今後20年間で現在運航している約5,600機から14,000機以上に需要が拡大することを予想しており、必要となるパイロット数は6.5万人超から17万人近くに増加する見込み。すでに、アジア太平洋地域の17社の航空会社が、AATCを利用する契約を結んでいる。

airbus3

airbus2

詳細はこちら

インドネシア Wifi 最安価格

日本-インドネシア行き航空券

日本-インドネシア行き航空券

22,490
Traicy Talk (新着投稿)
  • UN 東京で静かなルートで観光がしたい
  • UCtripで日本国内線が安い?
  • UNJAL特典航空券の前倒し搭乗
  • Uフルサービスキャリアで飲み物のおかわりは注文しますか。
  • JGC修行2017
  • ANA SFC修行2017
Traicy Talk(未回答)
  • プーケットのお土産
  • 海外でパスポートを紛失した際の対応について
  • 機内持ち込みスーツケースについて
  • おすすめの宮崎ごはん
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 参考までに
Traicy Talk(回答有)
  • 死海について
  • 四川航空の成田発成都行安すぎませんか?www
  • 10月8日日曜日に香港で旅行好きが集まりトラム貸切ツアーをやります
  • 昔の海外旅行
  • 韓国のおすすめアカスリ屋さん
  • 海外でのライブチケットの取り方。