JAL、新型スカイスイート機を7月16日から東京/羽田〜バンコク線に投入へ

SS2-1

日本航空(JAL)は、ボーイング777−200ER型機全11機に順次導入する「SKY SUITE 777」の新型ビジネスクラス「SKY SUITE Ⅲ(スカイスイートスリー)」を、7月16日より、東京/羽田〜バンコク線に投入する計画であることがわかった。すでに空席照会画面から確認できる。

投入するのは、東京/羽田を午前11時台に出発し、バンコクに午後3時40分に到着するJL31便と、バンコクを午後9時55分に出発し、東京/羽田に午前6時5分に到着するJL34便。

「SKY SUITE Ⅲ」は日本の航空会社として初となる通路を背にするヘリンボーンシートを導入。Zodiac Seats UKが製造する。全席が通路に面した「1-2-1」配列で42席を配置し、従来のヘリンボーンシートでは足元が狭くなる中央席も、フルフラット時に水平となる高さを上下させることにより互い違いとなるため、足元のスペースを確保できるようになった。シート幅は約52センチ、ベッド幅は最大約74センチ、ベッド長は最大約198センチで、ボーイング777-300ER型機に導入している「JAL SKY SUITE」と比べて、ベッド幅は約9センチ、ベッド長は約10センチ広くなる。モニターは現在より最大で6.6インチ大きい17インチとなり、最新のエンターテインメントシステム「MAGIC-Ⅵ」となり、映画や音楽など300以上のプログラムを提供する。機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」を導入する。室内照明はLED、ビジネスクラスにはTOTOの「ウォシュレット」、全席にシート電源とUSBポートを装備する。ビジネスクラス42席、プレミアムエコノミークラス40席、エコノミークラス154席の計236席を配置する。

2016年度に7機、2017年度に4機の改修を予定。東京/羽田〜バンコク線より投入を開始し、その後は東京/羽田〜シンガポール線、ホノルル線にも2016年度中に投入する。

「SKY SUITE」シリーズは、ボーイング777−300ER型機の「JAL SKY SUITE」と、ボーイング767型機の「JAL SKY SUITE Ⅱ」を合わせて計31機に導入しており、「SKY SUITE Ⅲ」の導入で、近距離アジア線などを除くほとんどの路線で「SKY SUITE」を利用できるようになる。

■ダイヤ
JL31 東京/羽田(11:20)〜バンコク(15:40)
JL34 バンコク(21:55)〜東京/羽田(06:05+1)

■関連記事
JAL、ボーイング777-200ER型機全機をスカイスイートに ビジネスクラスはヘリンボーン、エコノミークラスは「3-4-2」配列
JAL、7月導入の新ビジネスクラスを展示 ヘリンボーンでも足元広く

詳細はこちら

フィリピン Wifi 最安価格

日本-アメリカ行き航空券

日本-アメリカ行き航空券

22,309
Traicy Talk (新着投稿)
  • U香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • U台湾のお土産に青果を持って帰りたいのですが、可能でしょうか?
  • U海外でモバイルWi-Fiってそんなに価値ありますか?
  • UNエクセスチャージ対策
  • UN海外SIMカードの最適解って結局何?
  • Uヨーロッパとアメリカの違い
Traicy Talk(未回答)
  • 雑談
  • 参考までに
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • ANAマイレージクラブ
  • 中米周遊に必要な予算は?
  • JALマイレージバンク
Traicy Talk(回答有)
  • ソウル発券の代替地
  • ヨーロッパでお得に使えるクレジットカードは?
  • ホストファミリーへのおすすめお土産を教えてください
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
  • 日帰りで韓国旅行することになりました。効率の良いプラン教えてください。
  • LCCの長距離便は大変ですか?