大韓航空、燃油サーチャージ徴収取りやめ 4月発券分から

大韓航空(メイン)

大韓航空は、4月1日から5月31日発券分で、日本発の全路線で燃油サーチャージの徴収を取りやめると発表した。

2ヶ月ごとに航空燃料の平均価格を基に燃油サーチャージ額を算出しており、直前2ヶ月の燃料価格が廃止条件額を下回ったため廃止とした。

大韓航空は、日本発着路線では片道あたり、韓国線は300円、中国・モンゴル・香港・マカオ・台湾・ウラジオストク線は1,500円、フィリピン・ベトナム・グアム・パラオ・イルクーツク線は2,000円、その他東南アジア線は3,000円、西南アジア・ウズベキスタン・ハワイ線は4,000円、ヨーロッパ・アフリカ・中東・北米・南西太平洋線は7,000円、南米線は10,500円の燃油サーチャージを徴収している。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

アメリカ

航空券比較

フランス行き

59,035