海南航空、アズールブラジル航空に約524億円を出資 株式の約4分の1を取得

海南航空

海南航空は、アズールブラジル航空に出資すると、2月5日発表した。

海南航空と子会社は、ファンドを通じて約4億5000万米ドル(約524億円)を出資し、株式のうち23.6842%を取得する。これにより筆頭株主となり、取締役14人のうち3人を海南航空側から派遣する。海南航空は、欧米や南米への路線網展開を急ぎ、アズールブラジル航空との接続を強化する。

アズールブラジル航空は、ブラジルの格安航空会社(LCC)。2008年に、アメリカのLCC、ジェットブルー航空創業者のデイヴィッド・ニールマン氏が設立した。2014年にはトリップ航空と経営統合し、市場シェアは17%にまで拡大している。

詳細はこちら

フィリピン Wifi 最安価格

日本-タイ行き航空券

日本-タイ行き航空券

15,527
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • N成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国