エア・セルビア、来年6月にニューヨーク就航 長距離線初進出

エア・セルビア

エア・セルビアは、ベオグラード〜ニューヨーク/ジョン・F・ケネディ線を2016年6月に就航すると発表した。

セルビアとアメリカを結ぶ唯一の路線となり、週5便を運航。エアバスA330-200型機をリース導入する計画で、エティハド航空のパートナー航空会社かその他の航空会社からのリースを検討している。エア・セルビアにとって最初の長距離線機材の投入となる。

アメリカに住むセルビア系の民族は20万人で、ニューヨークやシカゴなどを中心に在住。アメリカからの帰省やレジャー、観光需要の増大を見込んでいる。

エア・セルビアはセルビアの国営航空会社で、ベオグラードのニコラ・テスラ国際空港を拠点にヨーロッパや地中海の40都市以上を結んでいる。旧Jat Airways(ヤットエアウェイズ)で、2013年8月にセルビア政府とエティハド航空がマネジメント契約を締結し、社名変更。エティハド航空はエア・セルビアの49%の株式を取得している。

詳細はこちら

マレーシア Wifi 最安価格

日本-ドイツ行き航空券

日本-ドイツ行き航空券

52,946
Traicy Talk (新着投稿)
Traicy Talk(未回答)
  • 成都おすすめのスポット教えてください!
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月7日土曜日)
  • ロシアの神現祭に参加したいです。
  • 10月三連休に香港でオフ会を開催します(10月 8日)
  • ANAのマイルを貯めたい!
  • おすすめの宮崎ごはん
Traicy Talk(回答有)
  • 米国内で使用できるオススメのSIMを教えてください
  • 数カ国周遊する時のSIMカード
  • 別々の航空会社で航空券を購入した際の乗り継ぎについて
  • 海外でのライブチケットの取り方。
  • 夏の旅行でおすすめの場所
  • ビールの美味しい国