ハワイアン航空、フルフラットの新ビジネスクラス導入 プレエコも拡大

HA

ハワイアン航空は、2016年第2四半期より、日本線にも投入しているエアバスA330型機のビジネスクラスにフルフラットシートを新たに導入するとともに、プレミアムエコノミー「エクストラ・コンフォート」の座席数も大幅に増加すると発表した。

ビジネスクラスのシートはイタリアのメーカー、Optimares社との共同開発によるもので、フルフラット時には全長76インチ(193センチ)、シート配列は「2-2-2」となる。機内エンターテイメントは大型タブレットで提供する。さらに、アメリカ西海岸のブランド&設計コンサルタントであるPaulWylde社とのコラボし客室デザインも一新する。

ハワイアン航空のマーク・ダンカリー代表取締役社長兼CEOは、「ハワイアン航空は、ビジネスクラスで行くハワイの旅に新たな時代を切り開きます。お客様のご要望の見直しと徹底的な調査をもとにして、当社の長距離航空機仕様の最上級シートを開発した。私たちは、Optimares社およびPaulWylde社と共同で、世界有数の快適さをそなえたスタイルとハワイ諸島のルーツを大切にしたオリジナルデザインを創り上げました。この新しいビジネスクラスの登場により、ハワイアン航空は、アロハスピリット溢れる温かい機内サービスと現代的なセンスとともに、皆さまのご出張、ご家族旅行、ロマンチックな癒しの旅など様々なシーンで、さらに快適な空の旅をご提供いたします」と述べている。

Optimares社のアレサンドロ・ブラカCEOは、「このビジネスクラス向けの新製品は、ハワイアン航空のために開発したものです。両社の間で明確な戦略的ビジョンを共有し、ハワイアン航空の乗客の皆様のニーズにお応えできるよう、ハイテクソリューションと極めて革新的な設計を融合しています」とコメントしている。

また、合わせてエアバスA330型機全機でプレミアムエコノミー「エクストラ・コンフォート」を28席増加する。これにより、現在のビジネスクラス18席、エクストラ・コンフォート40席、エコノミークラス236席の計294席から、新たにビジネスクラス18席、エクストラ・コンフォート68席、エコノミークラス192席の計278席となり、供給座席数が縮小する。

新ビジネスクラスシートの導入は2016年第2四半期から開始し、2016年9月から2017年に渡って順次導入する。

詳細はこちら

Wifi 最安価格

ハワイ

航空券比較

グアム行き

20,082

  • 旅行好きが集まるコミュニティ!トライシートーク
  • Wi-fi
  • 航空券
Traicy Talk (新着投稿)
  • 次の旅行先のオススメ教えてください
  • 上海外灘付近で安いマッサージ屋さん
  • 機内食
  • マイルでチケットを取るのはどんな感覚ですか?
  • trip.comのホテル予約で大惨事
  • 最近お得な航空券ゲットしてないわぁ
  • 中国(人)の良いところ
  • 中国に持っていってはいけないものはありますか。
  • 極東ロシア・ウラジオストクに興味のある方 集まれ!
  • 中国のVPN接続
Traicy Talk(未回答)
  • 何より無くさないようにすることです
  • 参考までに
  • 雑談
  • 占いが大好きです。
  • ロシアにも温泉があると聞いたのですが日本の温泉との違いは何ですか。
  • JALマイレージバンク
  • ANAマイレージクラブ
Traicy Talk(回答有)
  • シンガポールでの日本土産購入箇所について
  • 無料翻訳アプリ
  • 成田のDLラウンジについて
  • 今すぐ旅行に行きたくなるような小説を知りたい
  • エコノミークラスでもお得なサービスのある航空会社
  • 海外発券はもう安くない?
  • 台湾の夜市でオススメの場所はどこかありますか。
  • 上海浦東 深夜の移動
  • ガンジス川で沐浴したことがある方の体験談を募集
  • 韓国のトースト
  • 新着
  • セール
  • 運航情報
  • 旅行情報
  • 乗り物・コラム
  • その他
  • リリース