チャイナエアライン120便が炎上 乗客乗員全員無事と発表

8月20日、台北/桃園発沖縄/那覇行きのチャイナエアライン120便が(ボーイング737-800型機)、那覇空港着陸後、地上走行中に火が付き、炎上した。

乗員8名、乗客157名が搭乗しており、チャイナエアラインの発表によると、全員が無事だった。

チャイナエアライン120便は、現地時間の午前8時15分に桃園国際空港を出発、那覇空港には午前10時26分に着陸した。乗客は157名(日本人23名)で、ビジネスクラスに8名、エコノミークラスに147名が搭乗。2人のパイロットと、6人の客室乗務員(日本人1名)が乗務していた。機長は48歳で、飛行時間は7,874時間。6年間ボーイング737-800型機を操縦していた。事故機は2002年7月に導入。定期点検を今年8月4日に高雄で行ったが、異常はなかったという。

チャイナエアライン本社と沖縄支店は緊急チームを組織し、対応に追われている。

ハワイ Wifi 最安価格

日本-イタリア行き航空券

日本-イタリア行き航空券

46,382
Traicy Talk (新着投稿)
  • UNマイレージカードについて
  • Uペナン島からオランウータンを見に行きたい
  • 大阪のNo.1たこ焼き
  • 香港と中国での旅行する時の違いはなんでしょうか。
  • 高野山見学
  • フルキャリアで乗り継ぎに失敗したらホテルは提供される?
Traicy Talk(未回答)
  • ANAマイレージクラブ
  • 参考までに
  • 雑談
  • JGC修行2017
  • ハワイのマグマスポットについて詳しい方にお聞きしたいです。
  • 中米周遊に必要な予算は?
Traicy Talk(回答有)
  • シェムリアップ日帰り不可?
  • クルーズ船の予約方法
  • グアムのクラブ「グローブ」について
  • 海外キャッシングでおすすめクレジットカードについて
  • 出発地未定で検索できる航空券予約サイトについて
  • 死海について