これでもう旅先でのお店探しに困らない!現地の人に美味しい飲食店を手配してもらえるサービス”Rotip(ロディップ)”のβ版がリリース

インターネットビジネスを手がける株式会社livebase(本社:東京都渋谷区、代表取締役:胡内 祥太)は、旅先にいる現地の人とコミュニケーションをとり、美味しいお店を手配してもらえるサービス「Rotip(ロディップ)」( https://rotip.net )のβ版を6月30日にリリースしました。


Rotipは「本当のローカルを体験しよう」をコンセプトとした、現地の人が美味しいと思うローカルレストランをユーザーである旅行者の希望に合わせて紹介・予約してもらえるWebサービスです。

従来のグルメサービスとは全く違い、Rotipにはレストラン情報は一切掲載されておらず、その土地に詳しい現地の「」の情報が掲載されています。


これらの人はローカリスト(現地の人)と呼ばれており、同社は2016年度中にユーザーがどの都道府県を訪れてもローカリストを見つけることができるプラットフォームを目指しています。

ローカリストからは最大3つまで自分の希望に合ったお店を提案してもらうことができ、ユーザーはその中から1店舗選択することで、希望の日時にそのお店の予約をしておいてもらうことができます。

また双方合意がとれた場合には、ユーザーはローカリストと一緒に手配してもらった飲食店で食事を楽しむことも可能です。

ユーザーはローカリストに手配してもらったお店を訪れた後、その体験をチップで評価することができます。

チップの金額はBad(¥0)・¥100~¥500の中から自由に選択でき、ローカリストはその金額によってRotip内での信頼度を大きく左右されます。

このチップ制度があることにより、Rotipではユーザーが安心してローカリストを選べる環境を提供しています。

【Rotipの利用方法】
1. ローカリストを探す
2. 日時や場所、ジャンルを選択し、ローカリストへ依頼
3. ローカリストからオススメされた飲食店の中から、希望に合うお店を選択
4. 予約してもらったお店で食事を楽しむ
5. 体験をチップで評価し、レビューを送る

【利用料金】
1. ローカリストにお店を教えてもらう・予約してもらう:¥500
2. 手配してもらったお店でローカリストと一緒に食事をする:¥1,000
3. 体験をBad(¥0)・¥100~¥500で総合評価し、ローカリストに感謝の気持ちとしてチップを支払う(任意)

【対応言語】
日本語・英語

【正式リリース】
2016年7月予定

※ 現在は東京・大阪を中心とした地域でご利用いただけます。
※ ご利用にはVisa, Masterいずれかのクレジットカード、もしくはPaypalアカウントが必要です。

Webサービス名称:Rotip(ロディップ)
サービスURL:https://rotip.net
利用条件:20歳以上

社名:株式会社livebase(ライブベース)
企業サイト:http://livebase.jp
設立:2016年3月1日
資本金:300万円
所在地:東京都渋谷区道玄坂2-18-11 サンモール道玄坂232
代表取締役:胡内 祥太

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ