日本のスグレモノを発掘・発信!トライステージグループ 日本百貨店がエキナカ初出店!「日本百貨店とうきょう」を2016年7月27日(水)、東京駅グランスタにオープン!

株式会社トライステージのグループ会社である株式会社日本百貨店(本社:東京都港区/代表取締役 鈴木正晴)は、2016年7月27日、JR東京駅構内地下一階エキナカ商業施設「グランスタ」に、当社にとって初のエキナカ業態となる「日本百貨店とうきょう」をオープンします。

日本のモノヅクリとスグレモノをテーマに、作り手と使い手の出会いの場を作り続ける日本百貨店が、いわゆる「お土産」とは一線を画す本当の「スグレモノ」、一生付き合えるものをご提案。東京の名品・逸品をはじめ、全国から選りすぐりの雑貨・食品が所狭しと並びます。

日本を体験・体感。それが日本百貨店。
老若男女、日本全国のみならず、世界中からたくさんの人たちがあつまる日本のハブステーション、東京駅。
JR東日本東京駅構内地下一階エキナカ商業施設「グランスタ」の、丸の内側改札を入ってすぐという場所で、日本百貨店は生産者と消費者が直接出会える場所を提供いたします。
定期的に全国からモノヅクリに関わる生産者が来店、試食販売・実演販売などを行うなど、様々なイベントを行います。

3D親方??「日本百貨店とうきょう」ならでは。
東京駅の改装の時に話題になりましたプロジェクションマッピング。あの技法を用いて、店舗内特設コーナーでは、月替わりで「3D職人(親方)」が登場!

オープンから8月31日までは、東京・江東区の江戸切子職人、堀口切子の三代目秀石が3D動画で登場します!職人の技と迫力を、実際に体験・体感してみて下さい!!
日本のモノヅクリをより身近に感じてもらうために。日本百貨店は常に、出会いの場を提供します。
是非、3D親方に会いに、遊びにいらしてください!!

日本百貨店(にっぽんひゃっかてん)とは?
2010年12月10日、東京・JR東日本の山手線御徒町駅・秋葉原駅のちょうど中間地点。線路の高架下に生まれた商業施設、“職人の街”2k540にオープンいたしました。

テーマは“モノづくり”と“日本の優れもの”。
ニッポンヒャッカテン、その名の通り日本全国津々浦々から、モノづくりにこだわった職人の手による工芸品や、地域ごとの風土の中で生まれた食品など、“スグレモノ”を集め、東京のマーケットに紹介してまいりました。ただ単なる“売場”=売る場所、ではなく、作り手と使い手の出会いの場を提供することをコンセプトに、作り手にもお店づくりに参加してもらい、店舗内での実演販売、体験、ワークショップなども随時実施しております。

〒110-0005
東京都台東区上野5-9-3 2k54 0内 日本百貨店
☎03-6803-0373

ショップデータ
【所在地】 〒100-0005
東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 JR東日本東京駅構内地下1階
日本百貨店とうきょう グランスタ店
【電話】 03-6268-0597
【坪数】 約14坪(47m2 )
【営業時間】 8:00-22:00(日・連休最終日のみ21:00まで) 【定休日】 なし

オープンキャンペーン
オープンキャンペーンは以下の3つのテーマで行います。(値段はすべて税込)

◎ウマイモノ!
九州応援福袋!オープン3日間限定、各日限定50個。5,400円の商品を3,240円でご提供!

◎スグレモノ!
3,240円以上お買い上げの方に空くじなしの”全国津々浦々スグレモノスピードくじ”!

一等は3D親方の江戸切子が当たる! その他飴のつかみ取りなど! 5日間限定。

◎オトクナモノ!
売り切れゴメン!東京駅限定帆布トート、通常2,592円を1,080円にて。300点限定です!

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ