2025年にタイムスリップ!? 7月31日(日)、山梨県立図書館を舞台に「医療福祉系リアル人生ゲーム」開催!

新感覚の未来体験イベント開催!

2016年7月31日(日)、山梨県立図書館を舞台に「THE Six SENSE ~医療福祉系リアル人生ゲーム~」(主催:社会福祉法人山梨県社会福祉協議会 / 企画制作:NPO法人Ubdobe)を開催します。タイムトラベラーとして、2025年の世界を体感する新感覚のイベント!今から9年後の日本、そして私たち。そこには想像もしなかった未来が広がっていた…!?

*わたしが知らない私の世界!?
「THE Six SENSE ~医療福祉系リアル人生ゲーム~」では、参加者全員”ゲーム会社の社員”という設定でイベントに参加していただきます。上司から課せられる新製品の被験…、それは2025年へのタイムトラベルという内容。2025年には、どんな世界になっているのか、何を必要とされているのか、身をもって体感していただける新感覚の体験型イベントです!

*2025年には何があるのか…
イベントの舞台は2025年。今、日本では高齢化が進み2025年には約37万人もの介護人材が不足すると言われています。「2025年問題」として社会問題になっているほど大きな課題でありながら、自分ごととして捉えている人はどれだけいるでしょう。自分自身、親や兄弟、祖父母、親戚、知人など誰もが年を取り、思うように生活がしにくくなっていきます。将来、介護を必要としたいときに人材不足で支援を受けることができない…そんな事態に陥るといわれているのです。

「THE Six SENSE ~医療福祉系リアル人生ゲーム~」は、普段医療福祉に関わりのない方でも楽しみながら「2025年問題」に目を向けるきっかけになるイベントとなります。

【THE Six SENSE~医療福祉系リアル人生ゲーム~】
あなたが働くゲーム会社で、タイムトラベル式のリアル人生ゲームが開発された。「君にはこの人生ゲームの被験者となってもらい、五感を最大限活用して内容の吟味・安全性の確認をしてきてもらいたい。」
そんな上司の言葉から始まった、未来体験!想像もしなかった未来がそこには広がっていた…!?
www.the-sixsense.com

= イベント開催の目的 =
2025年に迎えると言われている「超高齢化社会」。介護が必要とされる方が約253万人と予想されており、約37万人の福祉人材が不足するだろうと言われています。
「介護は、まだ先の話」、「大変そうな仕事」と思われがちな仕事ですが、今20~30代の方のご両親は2025年には「高齢者」になる可能性が高く自分ごととして捉える必要があります。
山梨県の福祉施設で働く職員も参加し、現場の魅力を伝えていただきながら、普段から親しみのある遊び、体験、アートなどを取り入れ、エンターテインメント性の高いコンテンツで福祉を知るきっかけ作りにしていきます。

=開催概要=

◼︎開催日:
2016年07月31日(日)10:00~16:00
(受付時間:9:30~15:15)

◼︎開催場所:
山梨県立図書館 https://www.lib.pref.yamanashi.jp/

◼︎参加費:無料

◼︎定員数:200人

◼︎イベント申し込み:
参加希望の方は、事前にウェブサイトのエントリーフォームからお申込みください。(お申込みは1名から可能です)
http://the-sixsense.com/

◼︎主催:
山梨県社会福祉協議会 http://www.y-fukushi.or.jp/

◼︎企画制作:
NPO法人Ubdobe(ウブドベ) http://ubdobe.jp/

= お問い合わせ =
NPO法人Ubdobe(ウブドベ)
・Mail:info@ubdobe.jp
・Website:http://ubdobe.jp/
・Facebook:https://www.facebook.com/Ubdobe
・Twitter:http://twitter.com/Ubdobe_jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ