メルボルンで開催!冬を彩るイベント&フェスティバル街なかで見られる光のイベントと花火

南半球では冬を迎えるこれからの季節、メルボルンでは心があたたかくなるようなユニークなイベントが街なかで開催されます。

Reko Rennie Projections(写真提供:Federation Square)

フェデレーション・スクエアでは光をテーマにした冬のアートイベント「ライト・イン・ウィンター」を7月17日まで開催しています。これは、オーストラリアの女優で演出家のロビン・アーチャーが芸術監督として、冬至の季節を祝う光で飾る今年で10年目を迎えるイベントで、「ウィンター・イン・フェッドスクエア」の一部として開催されます。マルチカルチャーなメルボルンらしく、メキシコ系カナダ人のラファエル・ロサノ・ヘメルはじめ、スペインのアート集団Luz Interruptus、カナダ人照明ディレクターのブルース・ラムス、英国のユナイテッド・ビジュアル・アーティスト(UVA)など各国からアーティストが参加します。

その中心となるのは、同イベントが開始された10年前にも展示されたアボリジニアーティストVicki Couzens による、伝統的なたき火を表現したLeempeeyt Weeyn(Gunditjmara族の言葉でキャンプファイアの意味)で、期間中ずっと光が点されます。ほかにも、6月1日のオープニングに開催されたキラ・イルミネーション・グラス・アワード(KIGA)の受賞作品も展示されます。

Campfire (写真提供:Federation Square)

そのほか、DJやミュージシャンによるライブパフォーマンスがあるほか、Leempeeyt Weeynの作品に関連した「キャンプファイア・プログラム」として、木曜朝や火曜の昼にはメディテーションのクラスなど関連する無料イベントも実施。なお、フェデレーション・スクエアでは、ヤラ川沿いの屋外スペースに6月18日から7月17日までの期間限定でアイススケートリンクが設置され、大人1人$24.50(当日料金)で楽しめます。

River Rink in Fed Square(写真提供:Federation Square)

メルボルン中心地の西側、ドックランズのウォーターフロントでは、7月1日から8月26日まで毎週金曜の夜に花火が打ち上がります。18:30からライブ演奏や大道芸が始まり、お祭り気分となった中、19:30から花火がスタート。ドックランズ周辺にはレストランやバーもあるので、花火の余韻にひたって遅くまで過ごすのもいい旅の思い出になりそうです。

Docklands Winter Fireworks(写真提供:City of Melbourne)

また、メルボルンの市民の台所として知られるクイーン・ビクトリア・マーケットでも6月から8月の水曜日の夜のみ、17時から22時までナイトマーケットが開催されています。作り立ての食事や温かいモルドワインを提供する店が並ぶほか、メルボルンのデザイナーによるアート&クラフトのストールも出店。音楽や大道芸などのパフォーマーも現れます。
メルボルンの冬ならではのイベントを、ぜひ味わってみてください。

<開催概要>
ライト・イン・ウィンター The Light in Winter
開催日:2016年6月1日~7月17日
会場:フェデレーション・スクエア
公式ウェブサイト:http://fedsquare.com/umbrellas/the-light-in-winter

ドックランズ・ウィンター・ファイアワークスDocklands Winter Fireworks
開催日:7月1日~8月26日
毎週金曜日午後6時半~8時半
会場:ドックランズ、ウォーターフロント
公式ウェブサイト:
http://www.thatsmelbourne.com.au/Whatson/FortheKids/Festivals/Pages/51b92142-ee63-443f-bc28-2cc03112c4a0.aspx

ウインター・ナイト・マーケットWinter Night Market
開催日:6月1日~8月31日の水曜17時~22時
会場:クイーン・ビクトリア・マーケット
公式ウェブサイト:http://www.qvm.com.au/night-market/

【メルボルン基本情報】
国際的な多くのイベントが開催されるメルボルンはオーストラリアの南東に位置し、19世紀の面影を残したビクトリア調の建物と、現代アートの建物が融合した街並みが魅力なオーストラリア第2の都市です。別名「ガーデンシティ」とも呼ばれるほど緑豊かな公園が点在し、イギリスの雑誌「エコノミスト」の調査部門がまとめている「世界で最も住みやすい都市」ランキングでは2011年から2015年まで5年連続で1位に選ばれています。

メルボルンの6~7月は冬本番を迎えて寒くなりますが、雪が降るほどには気温は下がりません。この季節は、フェデレーション・スクエアの光のイベントやドックランズの花火のような冬だけの楽しい催しが行われますし、アートセンターをはじめとする劇場でパフォーミングアーツを観たり、メルボルン博物館や国立ビクトリア美術館などでの展覧会を巡って芸術鑑賞するのもよいでしょう。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ