スレドニ・キスロフスキー通りに位置するブルガリホテル ー ストーム・プロパティーズの開発によりラグジュアリーホテルグループにおけるロシアでのデビューを飾る

モスクワ、2016年5月25日―ブルガリ ホテルズ&リゾーツは、ロシアの投資家アレクセイ・ボガチェフ氏との契約に署名し、モスクワにラグジュアリーなホスピタリティを提供する場を展開することとなりました。

本プロジェクトのデベロッパーでありモスクワを拠点とする不動産開発企業のストーム・プロパティと進められたモスクワのブルガリホテルオープンの計画と共に2019年をオープン予定とする事が発表されました。2004年にオープンしたミラノ、2006年のバリ、2012年のロンドン、そして2017年に予定されている上海、北京、ドバイに続く世界で7件目のブルガリホテルになります。

契約は、本プロジェクトの投資家アレクセイ・ボガチェフ氏とブルガリの最高経営責任者ジャン-クリストフ・ババンの出席の下、モスクワにて署名されました。

ホテルは有数の高級地区に位置し、歴史を感じるクレムリンや赤の広場など街のランドマークからわずか300メートルほどです。また、近隣には世界で最も重要な音楽大学のひとつであるチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院もあります。

ホテルは、600 m2のルーフトップテラスがある300 m2の見事なブルガリスイートを含む65室の客室とスイートで構成され、モスクワ並びにクレムリンの街の壮大な眺めをお楽しみいただけます。ブルガリを代表するレストランやバー、そして25 mプールのある1600 m2の広さを誇るスパなど、あらゆる高級施設を備え、ホテルのゲストや居住者の皆さまに自由にご利用いただけます。

ホテルの建物は、ボリシャワ・ニキーツカヤ通りとスレドニ・キスロフスキー通りの間の一区間全体で行われる開発の一部であり、高級住宅やタウンハウスもあります。

モスクワのブルガリホテルは、イタリアの建築事務所であるアントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール・アンド・パ-トナーズと20年以上の経験を誇る著名なロシアの建築事務所アトリウムとのコラボレーションによるデザインです。伝統とモダンをミックスしたテーマを提示し、また保存的修復とさまざまな時代のファサードが生み出す調和により新規と既存の建築を並置して、周辺地域のデザインやスタイルをうまく反映させることを計画しています。内部の建物を完全に改修して、最高水準の高級施設を取り入れ、ブルガリホテルの名を有名にしているモダンなスタイルと傑出したサービスやデザインを提供します。イタリア・ルネサンスの宮殿の伝統的なパティオからインスピレーションを得た中庭は、暖かい季節の間、ホテルゲスト専用の屋外のリビングスペースになります。

元は貴族の住居であり、その後、モスクワ音楽院の音楽家たちの家となったこのブルガリホテルは、モダンデザイン、華麗な匠の技、芸術的細部といったブルガリの本質的な美的価値を伝えるものとなります。

発表時のコメントで本プロジェクトの投資家であるアレクセイ・ボガチェフ氏は下記のように述べています。
「最も見る目の厳しいクライアントの間で、 極めて優れた品質と洗練されたセンスの世界的代名詞となっているブルガリ ホテルズ&リゾーツと協力する機会に恵まれ、 非常に喜ばしく思います。 ブルガリホテルと住居の組み合わせは、 モスクワ市場に新たなレベルの品質を作り出すことでしょう。 」

ブルガリの最高経営責任者であるジャン-クリストフ・ババンは以下のコメントを寄せています。
「モスクワのブルガリホテルのオープンについて皆さまに発表できることを大変誇りに思います。 これはブルガリ ホテルズ&リゾーツにとってまた一つの重要なステップとなります。 申し上げるまでもなく、 常にアクティブなラグジュアリーマーケットにおける認知を上げる貴重な機会でもあり、 ペトロフカのブルガリ旗艦店のオープンに続くものです。 この2つの業界(ジュエリーとホテル)が完璧に結びつく理由があります。 ブルガリのお客様は、 ブルガリのクオリティや世界観だけでなく、 贅沢なサービスを受けられる特別な場所、 ブルガリの精神を反映した環境に滞在するときにもレベルの高いサービスを期待されているということです。 さらに、 この素晴らしいプロジェクトは、 ロシアの不動産業界のトップ企業であるストーム・プロパティーズとのパートナーシップによるものであり、 最高水準の品質と革新性を再び確実なものとするでしょう。 」

アントニオ・チッテリオ氏は、 下記の通りコメントしています。
「モスクワの歴史的な中心地の一区画すべてを改築することは、 街にとって文化的、 経済的に大きな価値があります。 プロジェクトは保存的修復、 さまざまな時代のファサードが生み出す調和、 内部の建物の改修、 豪華な中庭を有意義なものとすることで構成されています。 」

============================
ブルガリ ホテルズ&リゾーツについて
ブルガリ ホテルズ&リゾーツは、周辺地域との調和の取れた魅力的なロケーション、建築事務所アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール・アンド・パートナーズによるモダンなデザイン、そして確固とした上質なサービスを特徴としています。ブルガリは、貴重かつ希少で贅沢な素材の追求から、独自の施設やおひとりおひとりに合わせたサービス、レストランでの贅を尽くした食事、専用のスパ施術まで、各ホテルの細部にわたり究極のラグジュアリーを称えるものであることを誇りとしています。

ストーム・プロパティーズについて
2005年に設立されたストーム・プロパティーズは、モスクワのトップ不動産デベロッパーのひとつで、国際的チームとロシア市場に関する他の追随を許さない知識とを兼ね備えています。不動産開発、投資、資産運用といったあらゆる側面に精通するストーム・プロパティーズは、多様なサービスポートフォリオで最高水準を維持し、投資および開発パートナーに利益をもたらすことに専心しています。
ストーム・プロパティーズはさまざまな規模で100万m2以上の開発の監督に成功し、不動産業界における数々の名高い賞を受賞しています。ストーム・プロパティーズは、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO 9001:2008に準拠していると認証を受けたロシア初のデベロッパーです。2014年、ストーム・プロパティーズは、グリーンビルディング協会(RuGBC)のメンバーとなりました。詳細については、www.storm.ru をご覧ください。

アトリウムについて
アントン・ナットチーとヴェラ・ブッコの両氏が設立したアトリウムスタジオは、20年以上の経験を誇る建築事務所で、個別のデザインオブジェの作成から一般的デザイナーとしての役割まで、インテリアやランドスケープのデザインから都市開発のプロジェクトまで、あらゆる規模の要求に対応することが可能です。
アトリウムスタジオの主導で、外国企業との協働による多くのさまざまなプロジェクトが作り出されデザインされています。具体的には、MVRDV、マックスワン、アトリエ・プロ、KCAPアーキテクツ・アンド・プランナー、LAPランドスケープ&アーバンデザイン(オランダ)、ヴェルナー・ソベック・エンジニアリング&デザイン、スタルクのヨー・デザインなどです。

アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール・アンド・パートナーズについて
アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィール・アンド・パートナーズは、世界的に有名なイタリアの建築事務所で、ブルガリ リゾート&レジデンス ドバイを含む世界中のブルガリホテルの建築とインテリアのあらゆるデザインを手掛けています。極めて細部にいたるまで細心の注意を払う彼らの姿勢が、ブルガリブランドの贅沢なヴィジョンを物理的な場所に再現する助けとなっています。現在、アントニオ・チッテリオ氏は、イタリアおよび海外企業と協働し、工業デザインの分野で活動しています。1987年と1994年には、ADI(イタリア工業デザイン協会)のコンパッソ・ドーロ賞を受賞しています。2006年からスイスのメンドリシオ建築アカデミーで建築デザインの教授を務めています。2008年、ロンドンの英国王立芸術協会よりその功績を称えられ、ロイヤルデザイナー・フォー・インダストリーの称号を授与されました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ