「青」の魅力に迫る!ボンベイ・サファイア 「blue art」プロジェクト開始!

バカルディ ジャパン(代表取締役社長 前田 章子)が輸入し、サッポロビール株式会社(代表取締役社長 尾賀真城)が販売する世界No1※プレミアムジン ボンベイ・サファイアは、アイコンカラーでもある「青」の世界をテーマとした「blue art」 プロジェクトを展開します。     *販売金額において。2015年IWSR社調べ

無数の色の中で「青」は、他のどの色とも違う独特な魅力で人間と切っても切れない関係を築いてきました。なぜ「青」はこんなにも人を惹きつけるのか。この「blue art」プロジェクトでは、「青」が持つ魅力について様々な角度から紐解いていきます。

■ボンベイ・サファイア オフィシャルサイト「blue art by Bombay Sapphire」を公開


特設サイト「blue art by Bombay Sapphire」を6月17日より期間限定で公開。
サイト内では、人類文学者 小林康夫氏の“人類史と「青」”をテーマにしたインタビュー記事をはじめ、「青」に魅了された有識者が選ぶ「青」のアイテムとともにその魅力を紹介。(紹介されたアイテムの一部は特設サイトから購入も可能)
「blue art by Bombay Sapphire」は下記よりご確認いただけます。
http://blueart-bombay.com/
■「青」の世界感を楽しめる「blue art bar」を都内2箇所で開
「blue art by Bombay Sapphire」で紹介された「青」のアイテムの展示の中でボンベイ・サファイアの
カクテルが楽しめる「blue art bar」を期間限定で開催します。

blue art bar at BARNEYS NEW YORK SHINJUKU
期間 :7月2日(土)~ 7月24日(日)
場所 :バーニーズ ニューヨーク新宿店 10F
東京都新宿区新宿3-18-5
時間 :月~金 16:00~19:30、 土・日・祝 12:00~19:30
WEBサイト閲覧の方、SNS投稿の方(#青を探す旅)、店舗でのご購入の方を対象  
にオリジナルのボンベイ・サファイアカクテルをご提供します。

blue art bar at SHELF 67 collaboration with Kvel
期間 :8月14日(日)~ 8月28日(日)
場所 :SHELF 67 SHIBUYA TSUTAYA 6/7F
東京都渋谷区宇田川町21-6
時間 :10:00-26:00
クリエイター集団「ゼロバイゼロ」のキャンドルライト「Kvel」が照らす中、「青」の展示や     
ボンベイ・ サファイアのオリジナルカクテルをお楽しみいただけます。

■「青」をテーマにしたトークショーイベントを開催
「blue art bar」のオープニングイベントとして、WEBSITE「blue art」に登場いただく有識者によるトークショーを開催します。店内にはWEBで紹介した「青」のアイテムが展示され、ボンベイ・サファイアの提案する「青」の世界観をお楽しみいただけます。  また、トークショーの前後では、ボンベイ・サファイアのカクテルをご提供します。

日時 :7月1日(金)
場所 :バーニーズ ニューヨーク新宿店 10F
登壇者 :スマイルズ代表取締役 遠山正道、東京大学名誉教授 小林康夫、
タクラムデザインエンジニアリング 渡邉康太郎
入場料 :無料
時間 :第1部17:00- 、第2部19:00- (先着50名様のご案内となります)

遠山 正道
スマイルズ代表取締役

小林 康夫
東京大学名誉教授

渡邉 康太郎
takram design engineering

日時 :8月13日(土)
場所 :SHELF67 SHIBUYA TSUTAYA 6/7F
登壇者 :サカナクション 山口一郎、ブルータス編集部 編集長 西田善太、
タクラムデザインエンジニアリング 渡邉康太郎
入場申し込み :サイト(http://blueart-bombay.com)にて告知
時間 :19:30-
※クリエイター集団「ゼロバイゼロ」のキャンドルライト「Kvel」が照らす中で、「blue art」の世界をお楽しみいただけます。

山口 一郎
サカナクション

西田 善太
ブルータス編集部編集長

渡邉 康太郎
takram design engineering

概要は以下ウェブサイトからもご覧いただけます。
http://blueart-bombay.com/

【ボンベイ・サファイア】
1761年に開発されたオリジナルレシピをもとに製造されるプレミアム ロンドン ドライジン「ボンベイ・サファイア」。世界中から厳選された10種類のボタニカルに、蒸気となったスピリッツをゆっくりと通過させることで、香り高い部分だけを抽出する独自の「ヴェイパー・インフュージョン製法」を用いることで、深く華やかな味わいが生み出されます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ