本場ドイツビールの祭典「名古屋オクトーバーフェスト2016」7月8日(金)から開催!

名古屋・栄のど真ん中、緑あふれる公園で今年も乾杯(プロ―スト)!

7月8日(金)から7月24日(日)までの17日間、名古屋・栄の久屋大通公園 久屋広場・エンゼル広場にて「名古屋オクトーバーフェスト2016」を開催します。


東海テレビ放送では、7月8日(金)から7月24日(日)までの17日間、名古屋・栄の久屋大通公園 久屋広場・エンゼル広場にて「名古屋オクトーバーフェスト2016」を開催します。

「オクトーバーフェスト」とは毎年秋にドイツ・ミュンヘンで開催される世界最大の収穫祭。1810年以来200年以上続き、毎年世界中から600万人以上の人々が訪れる世界最大のビールイベントです。
名古屋は今年6回目の開催。ドイツの醸造所から直送された新鮮なドイツビールやドイツワイン、ソーセージなどドイツの郷土料理を楽しむことができます。
ミュンヘンから来日した楽団がドイツの民族音楽を奏でる楽しいステージは毎日開催。楽団と来場者が一緒になって盛り上がるダンスや乾杯は本場ミュンヘンのオクトーバーフェストの雰囲気さながらです。

名古屋初登場 左から「ヴァイテンシュテファン」「リッヒャー」「ビショフスホフ」
名古屋初となるドイツビールも続々登場。「リッヒャー」は軽快さと新鮮味があふれるエレガントな味わい。「ビショフスホフ」はフルーティな香りがパイナップルを想わせます。さらに1000年以上の歴史を誇る「ヴァイテンシュテファン」はビール純粋令を忠実に受け継いだ伝統製法で作られています。

またミュンヘンのオクトーバーフェストの味をそのまま再現した「サバのまるごとグリル」は今年も販売します。脂ののった大きなサバはドイツビールに合うと評判です。

サバのまるごとグリル
今年はドイツの「ビール純粋令」制定から500年にあたる記念の年。「麦芽、ホップ、水、酵母のみをビールの原料とする」と定めたこの条例は現在も有効な食品に関する最古のものとされます。長きにわたり厳格に守られ親しまれてきたドイツビールを美味しさを、名古屋で存分にお楽しみください。

・催事名   名古屋オクトーバーフェスト2016
・開催日時  2016年7月8日(金)~7月24日(日) 17日間
       平日 15:00~21:00 土日祝 11:00~21:00
・会場    久屋大通公園 久屋広場・エンゼル広場(愛知県名古屋市中区栄3丁目)
・入場料   無料(飲食は有料)
・主催    東海テレビ放送、中日新聞社、東海ラジオ放送
・後援    愛知県、名古屋市、栄ミナミ地域活性化協議会、栄中部を住みよくする会、
       栄東まちづくりの会、ドイツ観光局、ドイツ連邦共和国総領事館、
       バイエルン州駐日代表部、在名古屋ドイツ連邦共和国名誉領事事務所
・お問合せ  東海テレビ放送 事業部 052-954-1107(平日10:00~18:00)
・公式サイト http://nagoya-oktober-fest.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ