メアリー・カサット展、鑑賞前におさえておきたい3つのポイント!

新しい時代の扉を開いた印象派の女性画家メアリー・カサットの35年ぶりの回顧展が横浜美術館で開催されます!

横浜美術館では、2016年6月25日(土)~9月11日(日)メアリー・カサット展を開催いたします!
さまざまな困難を乗り越えて画家となる意志を貫いた印象派を代表する女性画家、メアリー・カサットの初期から晩年にいたる画業の全貌に焦点をあてた35年ぶりの回顧展です。
アメリカからパリに渡り、印象派に参加し、女性画家のパイオニアとして生きたカサットの、強く、エレガントな人生の魅力を、ぜひご堪能ください。

【美術館鑑賞前に3つのポイントをご紹介!】

《桟敷席にて》1878年、 油彩・カンヴァス、81.3×66.0cm、ボストン美術館蔵 The Hayden Collection―Charles Henry Hayden Fund, 10.35. Photography (C)2015 Museum of Fine Arts, Boston

Point 1■ボストン美術館から初来日!名作「桟敷席にて」

劇場は、ドガやルノワールら印象派の画家たちが好んだ題材のひとつ。
カサットも1878年から1880年頃にかけて華やかな劇場の桟敷席を描きました。オペラグラスで一心に舞台を見つめる女性。向こうの客席から身をのりだすようにこちらを見ている男性。そして、その場面を眺める私たちの視線。三つの視線が交錯するスリリングな画面構成のなかで、男性に見られる存在である女性が、見る主体として堂々と描かれており、カサットの革新的な女性像の表現への意欲がうかがえます。

《眠たい子どもを沐浴させる母親》1880年、油彩・カンヴァス、100.3×65.7cm、ロサンゼルス郡立美術館蔵 Digital Image (C)2015 Museum Associates LACMA. Licensed by Art Resource, NY

Point 2■カサットの代表作、母子像

「母子像の画家」とも言われたカサット。カサットが描いたのは、19世紀後半のパリに暮らすブルジョワジーの女性たちの日常でした。彼らと同じ空間で暮らし、同じ時間を過ごした女性画家だからこそ描けた、人のぬくもりや生活の気配が、見る者を画面の中の世界に引き込みます。すべてを包み込むように受け止める母親の優しい眼差し。カサットの描いた母子像からは、静かに話しかける母親の声が聞こえてくるようです。

《沐浴する女》1890-91年、 ドライポイント、アクアチント、36.7×26.8cm、ブリンマー・カレッジ蔵 Courtesy of Bryn Mawr College

Point 3■多色刷り銅版画のシリーズ。
    (通称「The Ten」)10点を揃って公開!

カサットが優れた版画家だったことは、あまり知られていません。カサットは、ドガやピサロらとともに銅版画の技法を研究し、新しい表現に取り組みました。腐蝕銅版画の一種であるアクアチントによる光の表現や、ドライポイントの素早い線で捉えた人物の一瞬の表情が見どころです。本展では、日本初公開作品を含めた約50点を紹介します。なかでも、近代版画の傑作と言われる10点組の多色刷り銅版画のシリーズ(通称「The Ten」)が全点揃っての公開は、非常に貴重な機会です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ