日本初!最先端IoTデバイスを集結させたスマートホステル「&AND HOSTEL」国家戦略特区・福岡に8月オープン!

~産学連携で取り組むIoTプラットフォーム構想の第一歩~

and factory株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:小原崇幹 以下「and factory」)は、株式会社BIJ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木地 貴雄 以下「BIJ」)と共に、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」を開業します。8月上旬に福岡市でのオープンを予定しています。本プロジェクトについて広く理解を促し賛同を募るため、6月8日より「Makuake」でクラウドファンディングを実施します。

「&AND HOSTELダイニングカフェ」

「&AND HOSTEL」は近未来のIoT空間を楽しめる体験型宿泊施設です。最先端のIoTデバイス開発を行なっている各社の協力の下、10種類のIoTデバイスを組み込んだ客室やダイニングカフェを設置します。チェックイン/チェックアウトはもちろん、空調管理や観光案内、睡眠管理など滞在中のあらゆるシーンでIoT体験が可能です。個々に開発されたデバイスを1ヶ所に集結させ「日本初のスマートホステル」として宿泊/観光体験の中に組み込むことで、宿泊自体をひとつの観光目的として価値創造します。主に訪日外国人の長期滞在需要を見込み、ターゲットニーズに合わせた価格設定、デザイン性、きめ細やかなコミュニケーションも魅力です。
また一方で「&AND HOSTEL」をIoT技術開発のテストマーケティングの場として活用し、参画メーカー各社に宿泊期間で得られたユーザーデータをフィードバックします。さらに九州大学を始め、福岡市を拠点とする研究機関・NPO法人・企業と連携を図り、将来にあるべきIoTプラットフォームの構築や新たなIoTビジネスモデルの創出を目指します。
「&AND HOSTEL」の今後は産学官連携を図り、これまでの宿泊施設の概念を超えたIoT実証実験ブランドとして成長させる構想です。国家戦略特区である福岡から世界に日本最先端のIoT技術を発信します。

詳細情報は以下公式サイトで順次公開します。  http://andhostel.jp
Makuakeプロジェクトページ  https://www.makuake.com/project/andhostel

■立地選定背景~国家戦略特区・福岡市~
福岡市は、国家戦略特区として「グローバル創業都市」へ成長するビジョンを掲げられています。グローバル創業都市構築の具体的施策のひとつに「IoT開発拠点を目指し、規制緩和に取り組んでいく」と高島宗一郎福岡市長が宣言されており、我々は「&AND HOSTEL」事業を立ち上げる土壌が整えられていると考えました。またアジアの玄関口として訪日観光客も多く、事業・情報発信いずれの面においても、最適と判断しました。

■産学官連携への取り組み~参画・協力予定者~
IoT領域に対しての研究を幅広く持続的に行っている九州大学、産学官共同の技術交流活動に関する知見と実績があるNPO法人QUEST、福岡市に本社を置く企業様と連携を図り、より大規模かつイノベーティブな取り組みへと拡大します。
・九州大学大学院 福田晃 主幹教授
・NPO法人QUEST
・株式会社FreeSpiritJapan


九州大学大学院 福田晃 主幹教授からのコメント
福岡は、国家戦略特区であり、また、日本のアジアからの玄関口です。このような中で、IoTを利活用する本事業は、日本のみならず世界に向けて大きなイノベーションを牽引する実証実験の場であると高く評価しています。また、産学連携が必要不可欠です。私も大いに貢献できればと思っており、いまからわくわくしています。

■&AND HOSTEL概要
場所:福岡県福岡市博多区
交通:地下鉄空港線・箱崎線「中洲川端」駅徒歩2分
構造:鉄骨造地上3階建
面積:381.78m2
宿泊定員:48名
用途:1F:ダイニングカフェ+客室  2F:客室+IoTルーム  3F:客室+IoTルーム
事業主:株式会社BIJ
運営・プロデュース:and factory株式会社
企画・運営:株式会社Free Spirit Japan
設計・施工:有限会社川崎木工、株式会社Good Job Company
デザイン監修:design office TERMINAL

■採用IoTデバイス一覧(五十音順)
デバイス連動イメージ

iRemocon / 株式会社グラモ

スマホやタブレットと連携できるネットワーク接続型の高機能学習リモコンです。

Atmoph Window / アトモフ株式会社

お部屋にいながら世界の美しい風景が広がる新しいデジタル窓です。

Qrio Smart Lock / Qrio株式会社

世界最小の接地面積で様々な条件のドアに取り付けられるスマートキーです。

SmartEyeglass / ソニー株式会社

視線を大きく変えることなくハンズフリーで様々な情報を取得できる透過式メガネ型端末です。

AR技術協力 / 株式会社ディー・エム・ピー

SmartEyeGlassを使用した福岡観光ガイドをディー・エム・ピー社と連携し、開発を推進していきます。

スマート宅配BOX(R) / 株式会社エスキュービズム・テクノロジー

ボックスにアプリをかざすだけで鍵の開閉ができるスマートな宅配ボックスです。

Sleepion / ティ・アール・エイ株式会社

光・香り・音という3要素により使用者の睡眠をマネジメントする世界初の製品です。

Philips Hue / フィリップス ライティング ジャパン合同会社

スマホを使い、調光や1600万色以上もの調色ができるスマートLED照明です。タイマーを使えば光の目覚ましにもなります。

PlugAir /  Beatrobo,Inc.

イヤホンジャックを通して様々なコンテンツを楽しむガジェットアプリです。

BOCCO / ユカイ工学株式会社

スマートフォンのアプリと連動し気軽にメッセージのやり取りが出来るロボットです。

MESH  /  ソニー株式会社

様々なブロック型センサーとアプリにより、IoTの仕組みをカンタンに自分で作ることができます。

各社様からのコメント

●アトモフ株式会社 代表取締役 姜京日様
『宿泊施設への導入が初めてとなる「Atmoph Window」にとって、宿泊客らがこのデジタル窓でどのような風景を好むかなどのフィードバックが得られることはとても有意義で楽しみです。』

●株式会社エスキュービズム・テクノロジー SaaS/IoT事業部 営業部 永井宏和様
『スマホが鍵になる宅配ボックス「スマート宅配 BOX(R)」はこの度、スマートホステルに協賛します。自社アプリに組み込みやEC予約購買からの店舗無人受け取り等利用用途は様々です。「&AND HOSTEL」での訪日外国人の方の要望等フィードバック頂けることを楽しみにしております。』

●株式会社ディー・エム・ピー プランナー/ディレクター 佐藤慧様
『東北の被災地での観光実証から発展し、スマートホステルのプロジェクトに加わることができ光栄です。国内外の宿泊者さまによりよい体験を届けられるよう取り組んでまいります。』

●Qrio株式会社 営業企画部マネージャー 佐藤竜斗様
『「Qrio Smart Lock」は、開発者向け API/SDK の提供していることから、”鍵”を 起点に様々な IoT 製品との連携が可能です。「&AND HOSTEL」では、IoT 製品群と連携して新たなユー ザー体験を提供すると同時に、ユーザーからのフィードバックを今後の製品改善や、新製品開発などにも繋げていきます。』

●株式会社グラモ 代表取締役社長 後藤功様
『昨今IoT分野の注目に伴い、当社の「iRemocon」は各種住宅市場で幅広くご利用を頂いております。今回のスマートホステルにおいても、便利にご利用頂けるものと思っております。当社の「iRemocon」をはじめ、最先端のIoTを宿泊者の方が体験することによって、IoT全体の活性化につながっていければと願っております。』

●ソニー株式会社 SIG事業室統括部長 武川洋様
『このようなIoTと宿泊という新しいコンセプトの施設に、弊社SmartEyeglassが装備され、新しい利用シーンをご提案いただき光栄です。今後、実際に宿泊される方々に使っていただくことで、様々なフィードバックが得られ、商品開発のヒントになればと思います。私も、是非一度体験してみたいと思っています。』

●ソニー株式会社 MESHプロジェクトリーダー 萩原丈博様
『福岡に訪れる国内外の多くの方に、MESHを体験いただけることを嬉しく思います。MESHはどなたでも簡単に「あったらいいな」を実現できるツールであり、便利なものから遊び心を形にするものまで可能性は無限大です。IoTと宿泊というコンセプトの施設で、新たな「あったらいいな」の実現につながっていくことを楽しみにしております。』

●Beatrobo,Inc. President&CEO 浅枝大志様
『インターネット接続やスマホが普及し、ごく当たり前に最新技術が日常に取り入れられる世の中になってきています。その流れを加速させるようなプロジェクトに弊社製品が少しでも貢献できればと思います。』

●ユカイ工学株式会社 CEO 青木俊介様
『IoTデバイスが集まるスマートホステルの取り組みはとても面白いと感じています。「BOCCO」がインバウンドにどう役立つのか、楽しみにしています。』

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ