宮沢賢治生誕120年にちなみイベント開催

新しく生まれ変わった大阪府立中之島図書館で記念イベントを実施

詩・童話・小説と今も多くの人に愛され続ける作品を残しながら、生前にはそのほとんどが世に出ることがなかった宮沢賢治。故郷の岩手をモチーフに、作品をイーハトーブという理想郷に昇華させました。今年4月に装いも新たに生まれ変わった大阪府立中之島図書館では宮沢賢治生誕120年にちなみ記念イベントを開催します。

2016年4月、大阪府立中之島図書館は、各種イベント・展示等に使用可能な多目的スペースや、館内カフェ等が新設され、「文化を創造・発信する図書館、人々が集う図書館」へと生まれ変わろうとしています。4月より中之島図書館の指定管理者として、同図書館の施設管理及び文化事業の企画やイベントスペースの貸館業務を行う株式会社アスウェルは、文化発信事業の一環として、今年生誕120年を迎える宮沢賢治の作品をテーマにした以下のイベントを企画・開催いたします。
中央ホール
1)古代の調べと東北弁(岩手方言)で紡ぐ宮沢賢治の世界(朗読会)
■概要:能楽で培われた横笛「能管」による演奏を背景に賢治のふるさとのことば花巻弁による朗読で、賢治の作品世界を紡ぎ出します。(朗読:すがわらてつお、能管演奏:野中久美子)
■会場:中之島図書館中央ホール
■日時:2016年6月25日(土)18:30~20:00(18:00開場)
■主催:大阪府立中之島図書館指定管理者株式会社アスウェル
■料金:A席 2,000円 B席 1,500円
 事前申し込みなどの詳細は下記サイトよりご確認ください。
 https://www.nakanoshima-library.jp/

2) 宮沢賢治生誕120年記念 賢治童話絵本・原画展
■概要:絵本作家2名による賢治の童話絵本の原画展。宮沢賢治絵本シリーズの展示販売も行います。
■会場:中之島図書館2F多目的スペース1
■日時:2016年7月19日(火)~8月13日(土)9:00~18:00(土曜は17:00迄。日曜・祝日は休み。)
※会期中2週間区切りで作品を入替え
第1弾:こしだミカ「カイロ団長」7月19日(火)~7月30日(土)
第2弾:さとうあや「セロ弾きのゴーシュ」8月1日(月)~8月13日(土)
■主催:大阪府立中之島図書館指定管理者株式会社アスウェル
■協力:三起商行株式会社(ミキハウス)
■料金:無料
※各イベントの開催日および開催時間は変更となる場合があります。

○大阪府立中之島図書館について
1904年に建てられた大阪府立中之島図書館は今年で創立112年を迎えます。玄関ポーチのコリント様式の石柱、左右両翼の対称構造、ドーム状の中央ホールを特徴とする壮麗な建物は国の重要文化財に指定されています。

○株式会社アスウェルについて
ビル、工場、一般家庭におけるビルメンテナンス業務及び人材派遣、設備工事における長年の経験とノウハウを活かし、貴重な文化財を利・活用して後世に残すという文化財保護事業に取り組んでいます。図書館や博物館の運営・管理のほか、様々な文化事業の開催に取り組み、地域社会の発展と豊かな街づくりに貢献することを目指しています。
<会社概要>
会社名:株式会社 アスウェル
本社所在地:大阪府羽曳野市伊賀5丁目738-1
電話番号:072-939-7861 FAX番号:072-952-4304
ホームページ:http://www.asuwell.co.jp/
代表取締役:黒川 健三
資本金:10,000,000円

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ