ジャパハリネット、新曲を通じて「熊本地震」義援金プロジェクトを開始

昨年暮れに8年ぶりに再結成を発表した「ジャパハリネット」が、2016年6月4日(土)に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールにて行われたPIZZA OF DEATH RECORDS主催のライブイベント「SATANIC CARNIVAL’16」に出演、ステージで熊本地震に向けたプロジェクト「熊本地震ジャパハリ義援金」を行うことを発表しました。

「SATANIC CARNIVAL16」ジャパハリネットphoto by Ryosuke Naito
今回のプロジェクトは、「Eggsサポートプロジェクト」のクラウドファンディングサービスの仕組みを利用して募集。賛同いただけた方にはジャパハリネットが現在制作している、再結成後の初音源となる新曲「リフェ」をダウンロードできるカードが届けられます。賛同いただいた収益から手数料を除いたすべてを熊本県を通じて熊本地震の被災地へ寄付させていただきます。
なお、義援金額等詳細は後日、「Eggs サポートプロジェクト」にてお知らせ致します。

【「熊本地震ジャパハリ義援金」について】
ジャパハリネットが新たに制作する新曲を通じて義援金を募集します。
実施期間:2016年8月29日(月)12:00まで
詳細は下記サイトにてご確認ください。
「熊本地震ジャパハリ義援金」 https://eggs.mu/support_project/EGPJ_JAPAHARI

【「ジャパハリネット」メンバーコメント】
2016年4月の熊本地震において亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、
被災された皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。

ジャパハリネットでもなにかできる事を・・・・・・といいたいですが、
今は、曲を創る事くらいしか僕達にはできません。

「僕らはまた歩くんだ何度でも「想い」がある限り
がんばろうがんばれで繋がれたこの今を生きる為に」

復興の光が繋がれる事を願います。

【ジャパハリネット】
1999年 愛媛県松山市松山大学のバンドサークルで結成。インディーズ時代から四国地方で人気を博し「四国地方最強のロックバンド」とも呼ばれた。
2004年「哀愁交差点」でトイズファクトリーからメジャーデビュー。メジャーデビューアルバムはオリコン10位を記録、日本ゴールドディスク大賞『ニューアーティストオブ・ザ・イヤー』を受賞。
2007年 解散
2015年 再結成
一度も拠点を東京に移すことなく、現在も本業の傍ら愛媛県松山市で活動を続けている。シングル8枚アルバム6枚 DVD7枚をリリースしている。
http://japaharinet.com/

【Eggsプロジェクトとは】
タワーレコード、NTTドコモ、レコチョクの3社が音楽を志す全てのアーティストと、音楽を愛するすべてのリスナーを応援する「Eggsプロジェクト」を始動。このプロジェクトが提供する未知のアーティストと出会える音楽コミュニティサービスが「Eggs」です。https://eggs.mu/
【Eggs サポートプロジェクトとは】
「Eggsプロジェクト」が新たにスタートしたクラウドファンディングの仕組みをモチーフとしたサービス。CDやミュージックビデオの制作、ライブ等のイベント実施といったアーティストが目指す活動の実現にむけて音楽ファンがダイレクトにサポートすることが可能になります。
新人アーティストやインディーズの音楽活動へのサポートに特化し、アーティストの想いを大切にし、ともにカタチにしていく新しいサポートの試みです。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ